麻雀最強戦2021男子プロ新最強世代、補欠対局勝ち上がりは岡崎涼太!

男子プロ8名

勝ち上がり選手の欠場により、9月4日開催の麻雀最強戦2021男子プロ最強新世代の補欠対局が行われた。

前回記事 麻雀最強戦2021男子プロ最強新世代、出場8名が決定!!!

2度目のチャンスを手にしたのは前回予選のトーナメント2回戦で敗退した以下の8名。(敬称略、順不同)


福島佑一(日本プロ麻雀連盟)
岡崎涼太(日本プロ麻雀連盟)
小林隼人(RMU)
客野直(日本プロ麻雀連盟)
中村文哉(日本プロ麻雀連盟)
中川基輝(日本プロ麻雀連盟)
安村浩司(日本プロ麻雀連盟)
宮崎皓之介(日本プロ麻雀連盟)

2卓でトーナメント戦を行い、勝ち上がった4名でラストとなる1つの椅子を争った。
決勝の駒を進めたのは以下の4名。

男子プロ補欠決勝

 

岡崎涼太

そして見事、8分の1の戦いを勝ちぬいたのは 岡崎涼太(日本プロ麻雀連盟)

接戦を制して9月4日放送の麻雀最強戦2021男子プロ最強新世代への切符を手にした。

これで確定した麻雀最強戦2021男子プロ最強新世代出場選手は以下の8名。
この模様は9月4日の生放送をはじめ、Abemaやテレビ朝日で放送される。

田村洸(麻将連合)
岸赳生(日本プロ麻雀協会)
中村慎吾(日本プロ麻雀連盟)
尻無濱航(日本プロ麻雀協会)
齋藤敬輔(最高位戦日本プロ麻雀協会)
増田隆一(日本プロ麻雀連盟)
千貫陽祐(日本プロ麻雀協会)
岡崎涼太(日本プロ麻雀連盟)

男子プロ新世代の最強は一体、誰だ!!!

  • 男子プロ8名

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!