今日の丸山奏子は、まるこ? ばつこ? それとも、はなまるこ? 【Mリーグ2021観戦記10/21】担当記者:ゆうせー

今日の丸山奏子は、

まるこ? ばつこ?

それとも、はなまるこ?

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年10月21日


解説 土田浩翔  実況 日吉辰哉

1試合目。華やかなメンバーに相応しい、火花散る一戦となった。

東1局、2巡目に【2マン】を鳴いた瑞原、

すぐさまホンイツのテンパイを入れる。【發】なら満貫だ。

だが、場になかなか【發】は放たれない。

10巡目に、

親の日向が345の三色で追いついた!ダマでも7700の手だが、

「リーチ」

真っ向勝負に出た! ホンイツ模様の瑞原がいる以上、【6マン】はおいそれと出る牌ではない。それならリーチに踏み切って、瑞原が押してきてもよし、オリたらなおよしという考えだろう。

また、出和了り7700が12000になるという、打点面での恩恵も大きい。

この局は、

イーシャンテンとなった瀬戸熊から【發】が打ち出され、

【發】ホンイツ赤、瑞原の8000点のアガリとなった。

瑞原の仕掛けに斬り込んでいった日向。今季は積極的な選択が多いように感じる。

東2局も、

【白】を仕掛けた親の丸山に対して、

日向は、

ドラ表示牌の【1ソウ】

さらに、

ワンチャンスだが無筋の【8マン】と切り出していく。

タンヤオメインである自分の手牌構想に要らない牌を切り飛ばし、中盤まで勝負がもつれた場合には中打点の手で参戦しようという方針だろう。

二段目に入ったところで、

瑞原がリーチをかけてくる。ピンフを狙って先切りした【6ソウ】のマタギ、【5ソウ】【8ソウ】待ちでのアガリを狙う。

これを受けた日向、

安全牌がない…

日向が切ったのは、

【2ピン】だ! 河に置いてある【6ソウ】から、【8ソウ】に手がかかってしまいそうなところだ。

しかし日向は【2ピン】【3ピン】と切っていって【4ピン】をアタマにし、【6ソウ】【9ソウ】【5ピン】【8ピン】で勝負するルートを選んだのだった。

実際、瑞原の待ちは【5ソウ】【8ソウ】、そして、

丸山の待ちは【4ピン】【7ピン】! 両者の当たり牌を止めて好形のイーシャンテンをキープする、日向のファインプレーだ!

日向はなかなかテンパイしない。その間も、

丸山と、

瑞原のめくり合いは続き、

軍配は瑞原に上がった。

裏は乗らず、リーチピンフ。瑞原の2000点のアガリとなった。

勢いに乗る瑞原。

東3局の親番で、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!