役満に次ぐ役満聴牌!1位になったのは、役満聴牌をした村上でも松本でもなく…? 【Mリーグ2021観戦記 10/25】担当記者:危険な鬼太郎

タンヤオ赤の二千点の放銃となる。この後も村上は続く南2局では松本の地獄単騎の七対子ドラドラの【北】単騎を一発で放銃し跳満の失点となり、オーラスでは

村上は倍満ツモで石橋を交わして3着になるので、このメンタンピン一盃口赤でリーチを掛けた。一発でツモって裏が乗るのが理想だが、単純に素点の回復も狙った物だとも思うものの、

勝又が【南】単騎でこれを捉えトップに浮上し、村上にとっては最後の最後まで中々につらい展開のまま終わりを迎えた。

早くも風林火山が抜け出してきた今期のMリーグ。果たして今後どのような展開になっていくのかとても楽しみだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!