役満に次ぐ役満聴牌!1位になったのは、役満聴牌をした村上でも松本でもなく…? 【Mリーグ2021観戦記 10/25】担当記者:危険な鬼太郎

役満に次ぐ役満聴牌!

1位になったのは、

役満聴牌をした

村上でも松本でもなく…? 

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年10月25日

Mリーグの名物の一つに数えられているのが、実況の日吉の熱意ある言葉の数々。

実況としては余りにも噛む回数が多すぎる物の、その言葉で多くの視聴者の心を鷲掴みにさせてくれる。日吉が実況じゃない日のMリーグは逆に静かに感じてしまうようになってしまった。

【2回戦】

東1局 親村上 ドラ【1ソウ】

松本が序盤に手牌が伸びに伸びて早くも勝負手でのリーチ宣言!

リーチタンヤオピンフ赤赤の【2マン】【5マン】待ち。跳満をツモりに行く。

これに追いついたのも同じく超ド勝負手の村上! 【1ピン】を叩き切っての、

ツモリ四暗刻のドラの【1ソウ】【6ピン】のシャンポン待ちの聴牌! ヤミテンに構える。ドラの【1ソウ】の出アガリでも倍満の手だが、なまじこの村上の待ち牌の【1ソウ】【6ピン】が山に3枚残りなのでツモって四暗刻になってしまうのではないか?とつい思ってしまう。

なにせこの村上のシャンポン待ちは【2マン】【5マン】待ちの松本よりも山に残っているのだから。

しかしすぐに村上が松本のアタリ牌である【2マン】をツモってしまい、これを切ってリーチタンヤオピンフ赤赤裏の跳満! 12000の放銃になってしまう。

日吉の言葉を借りるのならば涙で前が見えなくなるような不運な展開だ。

 

東2局 親勝又 ドラ【7ピン】

村上が綺麗な手順で好形の先制リーチ宣言!

【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちのピンフ赤、高めドラの軽く跳満まで見える勝負手。この手を決めて早めに戦線に復帰したい。

同巡、今局早くも2回目の役満を松本が聴牌。

国士無双【9ピン】単騎の聴牌。しかも待ち牌の【9ピン】が村上の現物。

松本は捨て牌こそ国士無双っぽい捨て牌だがさして考える素振りもみせず、村上のリーチの現物の【9ソウ】を河に捨てた。浅い巡目であれば他家からの【9ピン】の出アガリも期待できるか。

村上と松本の勝負になるかと思いきやこの戦いに割って入ってきたのが親番の勝又。

ドラの【7ピン】を雀頭にしながら、【1ソウ】【4ソウ】待ちでの追っかけリーチ! グルグルと局面が変わる。

松本はこの二人のリーチを受けてもう二人に対してド無筋も良い所の【7ソウ】をツモったものの、

これを勝負! なまじ東1局で12000点分の貯金があるのでギリギリ押しやすくも見える。もし放銃してしまえば点棒が行ってこいしただけで、国士無双をアガリ切る事が出来ればほぼほぼトップは確定。松本の気迫が画面越しにこちらまで伝わってくる。

そして三者聴牌の中アタリ牌を引き寄せたのは…。

親番の勝又! 【1ソウ】をツモってリーチツモドラドラの4000オールのツモアガリ。

口を真一文字に結び勝又のアガリをジッと見つめている松本が強く印象に残った。

これ以降、東場は大きなアガリは出る事はなく南入する。
南1局 親村上 ドラ【2ソウ】

負けられない村上が【白】を1枚目からポン!

ドラの【2ソウ】が対子で【1マン】も暗刻。手牌でもう7700点以上は確定している中々に打点がある手牌。点棒が無い今、絶対にアガらなければいけない手。

道中、村上が【2マン】をツモって小考。

私には【7ピン】を切って聴牌する枚数を1枚でも増やすしかないように思うのだが…村上はここで深く考える。マンズのリャンカンは場に【3マン】が1枚切れているぐらいしか情報が無いが村上はここで、

【2マン】として【6ソウ】を手の内に残し【6ソウ】と残した【6マン】でリャンメンを作りに行く。絶対にアガリが欲しい局面でここまで柔らかい打牌をする事はなかなかできない。

この村上の意思を込めた打牌とツモは見事にマッチし、ここから【7ソウ】【8ソウ】を引いて

【2ソウ】【7ピン】のシャンポン待ちの聴牌を最速で入れる。このソウズを捕らえきれる打ち手はそうはいないように見える。

しかし、村上はここでもアガリを取る事が出来ずチーテンを取った勝又のアタリ牌の【3ピン】を掴み

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!