全員が全員の勝負手を蹴って迎えたオーラス!世紀の大接戦を制するのは果たして誰か?【Mリーグ2021観戦記 3/28】担当記者:危険な鬼太郎

全員が全員の勝負手を

蹴って迎えたオーラス!

世紀の大接戦を制するのは

果たして誰か?

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2022年3月28日

一回戦同様、比較的腰が重い麻雀を打つ4人が集まった2回戦。かなり重厚なメンゼン麻雀が見れそうなので楽しみではあるものの… 唯一不安があるとすれば、対局が長引いて24時越えの決着になるかもしれない所か。

【2回戦】

東家:近藤誠一セガサミーフェニックス
南家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ
西家:勝又健志EX風林火山
北家:白鳥翔渋谷ABEMAS

東3局 親・勝又 ドラ【9ピン】

東1局から順調に点棒を増やし続けた白鳥。今回も首尾よく先制リーチにたどり着くと僥倖の【赤5マン】をツモ!

リーチツモ【白】赤の2000-4000のツモアガリ! アベマズの4選手は、全員が全員先制で点棒を伸ばした時のゲームメイクが巧みなイメージがある。

はたして白鳥はこの点棒のリードを活かせるか。

東4局 親・白鳥 ドラ【7ピン】

今局は勝負手のぶつかり合いとなった。まずは勝又が超勝負手でリーチ宣言!

リーチ赤ドラ、高め一盃口【2ピン】【5ピン】待ち。これに追いついたのもこれまた勝負手の近藤! ドフリテンの【北】を引き戻し暗刻にして、

リーチホンイツ【發】ドラの【5ピン】【8ピン】待ちの化け物手。

巡目が深く今更ヤミテンにしても意味がなく、ヤミテンマンガン程度で勝又に対しての危険牌の【9ピン】を切るのは割に会わないとみてリーチを打って最低打点を跳満にしたか。

この両者のアガリ牌はたっぷり山に残っていた。アガリ牌を自分の手元に引き寄せたのは…。

勝又! 【5ピン】をツモってリーチツモ一盃口ドラ赤の2000-4000のツモアガリ。中々にド派手な展開が東場から続いている。

南1局 親・近藤 ドラ【2マン】

近藤が序盤から愚形聴牌を入れたものの、中々いい手替わりが見つからずに焦れてツモ切りリーチを選択する!

【9マン】単騎のドラ1リーチ。ツモ切りリーチに踏み切ったのは直前に【6マン】が通ってのツモ切りリーチなので【9マン】が釣りだせそうだな… とか大小さまざまな理由があるだろうが、大きな理由としては「巡目」と「良い手替わりする牌がさほど無い」事だと思われる。

巡目ももう7巡目に入り、いつ他家からリーチが掛かってもおかしくないので早めに親リーチをかけて他家に圧力をかけておきたい。しかもこの手牌、案外好形に変化する牌も少ない。

理想的な牌はドラとドラ筋である【2マン】【5マン】と三面張になる【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】ぐらいなものか。しかし【9ソウ】がもう場に2枚切れて微妙だし、もうその理想的な牌を待っている巡目がもうない。

打点派な近藤としてはかなり妥協をしてリーチを打ったと思うが、なんと近藤はこの【9マン】をツモる!

裏ドラこそ乗らなかったものの、リーチツモドラの大きすぎる2000オールのツモアガリ!

近藤とてばんたび高打点を狙っている訳じゃない。キチンと巡目と打点の折り合いをつけて打っている。これはとても良いアガリに見えた。

そして近藤は連荘をして2本場の親番で、近藤らしい

【白】三暗刻、ドラ3という確定跳満の聴牌をいれたものの、ここはヤミテンを入れていた内川が、

タンピンツモ赤赤の2000-4000のツモアガリ! 高打点で他の人の高打点を蹴りまくっているので、割と全員の点棒状況が接戦になってきた。

そしてこのまま点棒状況がさして動くことなくオーラスを迎えた。

南4局 親・白鳥 ドラ【4ソウ】

近藤が白鳥が切った【中】をポン!

手牌はバラバラだがアガれればトップに立てるので、ここは多少無理をしてでも攻める。

しかしここで親番の白鳥から早いリーチが飛んでくる!

リーチのみではあるものの【3ピン】【6ピン】待ち。これには近藤もあまりにも手牌が悪すぎて白鳥のリーチに攻め返す事が出来ず、白鳥がこれをツモアガる!

リーチツモの1300オールのツモアガリ。続く一本場では内川から仕掛けが入るものの、一人ノーテンでもトップに立つ事ができ、2着順以上の着ダウンを避けたい白鳥はここで降りの選択をする。

これが功を奏し、内川が

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!