君ならどうする!?「Mリーガーズ・チョイス」至高の5問 【Mリーグ2021観戦記11/12】担当記者:渡邉浩史郎

君ならどうする!?

「Mリーガーズ・チョイス」

至高の5問

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2021年11月12日

Mリーグから麻雀を見て、実際に始めようとなった方が大勢いらっしゃる。結構な数の初心者・中級者の方が見てくれているのではないだろうか。

実際にやり始めれば、より上手く・より強くなりたいと思うのが人の心の常である。

その時に難しいのが戦術把握だろう。

麻雀は戦術面において、初心者から中級者に上がるときに一度大きなブレークスルーを挟まなければならない。役牌は一鳴き・門前聴牌は即リーチといったそれまで固定されて教わっていた事柄について、数理や論理、状況を見た判断が求められるようになるからだ。

そこで今日は11/12、二戦目のMリーガーの打牌から、初・中級者への教訓となるような打牌を取り上げていこう。ぜひ自分で考えながら、判断を下してみてほしい。

一問目「親番副露判断」

【東1局】

親番白鳥の配牌がこちら。【白】が対子でドラが一枚の好配牌。

早速南家小林から【白】が出る。

この【白】を……

1.鳴く

2.鳴かない

 

白鳥の選択は……

2.鳴かない

鳴けば当然役が確定し、仕掛けも効いてかなりアガりやすそうに見える。

しかし鳴けば大体の場合において【白】・ドラ一の2900点に打点が限定されてしまう。

そもそもこの手は両面が三つに両面変化しやすいカンチャンターツが一つと、門前リーチ進行でも十分勝負できる手牌だ。今後のツモによっては【白】をネックとしないタンピン系にまとまることもあるだろう。

東1局起家一巡目の一枚目ということもあり、鳴かないことによる打点面でのリターンを重く見てのスルーとなった。

結果は……

この6000オール!! 打点を見た【白】スルーが最高の形で成就した!

 

二問目「鳴いた聴牌は降りるな!?」

【東1局1本場】

【白】をポンして1000点の仕掛けを入れた寿人。

そこに飛んできたのは丸山の勝負手リーチ。役牌から真っ直ぐ切り出しており、打点・形が伴っていそうなリーチだ。

寿人が一発で持ってきたのは両無筋・宣言牌の跨ぎの【5ソウ】

ここは……

1.押し!

2.降り!

 

1.押し!

もう一度自身の手牌、そしてリーチした丸山の河を見てみよう。

自分の手牌は1000点とはいえ、【1マン】【4マン】【7マン】の三面張聴牌。さらに自身の手牌の【中】で通っているのは【3ソウ】のみ。降りたところで降りきれる保証はどこにもないし、この手牌なら自身が先にアガることも多そうだ。

【5ソウ】は確かに二筋(【2ソウ】【5ソウ】【5ソウ】【8ソウ】)に掛かっており、宣言牌の近くと他の牌より放銃しそうな牌ではあるが、丸山のリーチにはまだ通っていない筋が数多くある。一発だからといって降りていては降りすぎだろう。

自身がアガり切ることで結果的に失点をなくすことができる、その好例といえる一打だ。

そして結果は……

丸山のリーチを潰す、値千金の【白】のみ!

初心者の中にはそれでも1000点で押すのは嫌だ! という方もいるだろう。

そういった方はそもそも【白】を鳴かないという選択肢を頭に入れておくといい。安全牌として持ちつつ、門前で打点を含んだ手組が作れる。Mリーガーで例えるならばチーム雷電の黒沢選手のような、そんな重厚な打ち手を参考にするといいだろう。

 

三問目「トップ目のピンフのみ。リーチする? しない?」

【東2局】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!