最後に笑うのは瑞原明奈か? 沢崎誠か? MVPの座をかけたレギュラーシーズン最終試合【Mリーグ2021観戦記3/11】担当記者:渡邉浩史郎

海賊船に吹く風が止まらない。

親番の瑞原、配牌でドラが暗刻!! 他の部分も悪くない。これをアガれば二歩も三歩もリード、決め手となり得る勝負手だ。

【白】を重ねてのポン!

淀みなく両面を捉えての4000オール! 沢崎と30000点弱の差をつけて、これでほぼ決まりかのように思えた。

しかしこの程度の修羅場なら幾度となく潜り抜けてきた百戦錬磨が今回の相手。まだ勝負はわからない。

【東3局1本場】

寿人が七対子ドラ単騎のリーチを入れる。

同巡沢崎も聴牌。現状は役なしドラなし愚形。ここは沢崎の超強気の側面が出て、無筋【4ピン】【6ピン】落としての一気通貫・ドラ引き・ソウズの多面張変化を見るかと思われたが……

出たのは超・超・超強気のカン【5ピン】即リーチ!!!!!!

瑞原とほぼ30000点あけられている状況。一度くらいは無理を通さないと捲ることは相当厳しいという歴戦の判断か。

結果は……

寿人のツモ!! 裏ドラも乗っての4000・8000だ!!

沢崎からすれば瑞原の親被り+自身のリーチ棒で3000点差を詰めた形。直対だけ見れば決して悪くない結果となった。

【東4局】は沢崎がマンガンの聴牌を入れるも流局。一人聴牌で瑞原と4000点差を詰める。

【南1局1本場】瑞原にとって恐れていた事態が起こる。

沢崎のリーチツモドラ3、マンガンツモ。これで点差は12000で捲りの射程圏内。逃げ回って勝てる展開にはならなくなってきた。

そして迎える沢崎の親番。

【南2局】

配牌は微妙なところだが……

ツモが伸びる! これで一向聴……

を取らない!!

そしてビッグウェーブを捉える!!

他家も沢崎の打牌のリズムから尋常でないテンションを感じている。

瑞原は七対子で粘りつつ、下家の寿人に仕掛け安そうなタンヤオ牌を降ろしていくが不発。

勢いそのままアガリそうな気さえした沢崎だがイーシャンテンから伸びず、必要牌はライバル:瑞原にほとんど吸収されてしまう。親番が落ちても逆転可能な点差だが……

そして迎えた自身の最終手番。これで聴牌出来なければ【6ピン】をカンして、嶺上から【8ピン】【4ピン】+海底で持ってきた牌の重なりの三種を持ってくることに賭けることになるが……

持ってきたのはもう一つのカン材、【西】!! これで【4ピン】【5ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】の5種を嶺上から持ってくればいい!!

沢崎の剛腕が手繰り寄せたのは……

【9ピン】!! 【西】のカンでなければ聴牌できなかった牌だ!!

まさに蛇の執念といったところだろうか。本日二度目の一人聴牌でさらに4000点差を詰める。6600点差は瑞原からすれば他家にマンガン振っても沢崎に捲られる。完全に手中に捉えられたといっていいだろう。

【南2局1本場】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/