【 #神域リーグ 第7節観戦記】第21試合 苦境でも笑顔 魔法の言葉が、天まで届く 千羽黒乃は麻雀が大好きだから【文 #後藤哲冶 】

メンタンピン赤のテンパイに繋がった。
迷いなくこれをリーチする千羽。
ツモって裏を1枚乗せようものなら、千羽の守備力をもってすればこの半荘はもらったと言っても過言ではない…が。

しかし同じAランク選手の白雪が立ちはだかる。
後にも話す予定だが、白雪は守備にとても定評のある選手だ。
普段であれば、まず親のリーチに対して丁寧な対応をとるが、今は満貫確定のリャンメンテンパイ。
もちろん押していく。

細かいのだが、ここで【4ソウ】を手出しする白雪が素晴らしい。
他家からすると千羽のリーチに対応したのか押しているのかが非常にわかり辛い。

「来いよ!闇を教えてやる!」
白雪が気合の【8マン】プッシュ!
こういった選手の生のセリフが聞けるのも、神域リーグならでは。
選手それぞれが真剣に麻雀と向き合っているのを見るのは、本当に気持ちが良い。

白雪が押し切った。
値千金のトップ目からのマンガン直撃。
これで白雪が一歩リードしたかに思われたが――

次局の東4局タンヤオ仕掛けで5800のテンパイを入れていた白雪から、ラス目の天開がリーチで仕留める。
現在チーム首位をひた走るアトラスの背中を、現在チーム2位のゼウス天開が捕まえた。

「そうは問屋が卸さねえよアトラスさぁん……」

……麻雀中のセリフにしては若干物騒が過ぎると思わなくもないが、カッコ良いことは間違いないのでなにも問題なし。
これで勝負は振り出しに戻った。

南1局、ここまで唯一話題に上がっていない郡道美玲。
郡道の所属するアキレスはこの神域リーグ、序盤からとても苦しい戦いを強いられている。
個人2連勝でチームを救えるか。

郡道の手牌。あえて相手の手牌は伏せてある。
ここから郡道は【9ピン】を切り出していった。

【9ピン】の受けこそなくなるものの、手の内でタンヤオが確定し、元々【6ピン】の受けは残っている。
【7ピン】3枚でブロックしている【8ピン】を落としていけそうなのも大きいか。

基本的なことではあるが、麻雀は数牌を内に寄せていった方が良い事が多い。
基本に忠実に。
この郡道の選択が――

このテンパイへと結びつく。
タンヤオ赤ドラ。勝負手に育った。親の郡道はもちろんこれをリーチ。

ツモりあげた!あまりにも大きな4000オール。
郡道の配信枠では大きな声を出して喜んでいた。ひとつひとつの打牌に対し、時に悔しがり、時に喜ぶ。
まさに麻雀の楽しさを体現しているかのような大きな歓声。

聞いていて画面の前で思わず笑顔になってしまったのは、私だけではないはずだ。

南1局1本場

またも先制テンパイは郡道美玲。
タンヤオ赤のカン【6ソウ】。これはリーチに行くかと思われたが。

郡道はこれをダマテンに構えた。
良い選択のように見える。一手で567の三色に変わる可能性があり、ドラの【白】を打ってきて以降、一度しか手出しを入れていない下家の天開も不気味。
待ちの悪い【6ソウ】でリーチとして、追いかけリーチを受けて分の悪い勝負になるのも嫌ったか。
アキレスに勝利を持ち帰る。そんな強い意志がこの打牌から見て取れる。

結果的には、一発で【6ソウ】を引いてきたため、リーチをしていれば一発だったがそれは結果論という奴だ。
このダマテン選択には、本配信で解説をしていたチームアキレス監督の多井も、「郡道がまた成長した証。僕は嬉しかった」とコメント。
普段の配信で郡道は多井に麻雀を教わっている。……教わっているというには、少々攻撃的な言葉が飛び交っていることも見るような気がするが……それも郡道の、チームアキレスの良さ、ということなのだろう。

南1局2本場、この局は、全員が参加する激しい局になった。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!