伊達朱里紗、オーラスの逆転勝利!! フェニックス・近藤誠一のトップを阻止!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

伊達朱里紗、

オーラスの逆転勝利!!

フェニックス・近藤誠一の

トップを阻む!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の55日目、第1戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。接戦で迎えたオーラス、ダブ【南】バックをトップ目の近藤から仕留めた伊達が逆転勝利。個人6勝目をあげた。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂瑠美KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾セガサミーフェニックス近藤誠一、そして伊達の4名。

東2局、親の二階堂のリーチに追いついた近藤が【發】アンコのドラ1・赤2の【9マン】【東】のシャンポン待ちでリーチ・一発・ツモ。3000・6000のアガリで近藤が頭一つ抜けたトップ目に立つ。

南2局、ラス目で親番が無くなった苦しい位置の伊達が、チートイツ・ドラ2の【西】単騎待ちをリーチ・ツモ。3000・6000で、一気に2番手の二階堂に迫る位置に盛り返す。

南4局2本場には、ラス親の堀が2000オールをアガって盛り返し、同3本場にはトップ目の近藤が3万600点、ラス目の二階堂が2万2100点という僅差に。

終局は【5マン横向き】【6マン】【7マン】チー・オタ風の【北】を鳴いた伊達が執念のダブ【南】片アガリテンパイを、リーチの近藤から直撃。ドラ1の3900点で伊達の逆転トップでの幕切れとなった。

伊達はインタビューで、

「今日はアメトーークがございますので、そんな記念すべき日にいいトップを取れてすごくうれしく思います。KONAMIですから首位ですもんね、引き続きこの調子でがんばっていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 2万8900点/+48.9
2着 近藤誠一・フェニックス 2万4800点/+4.8
3着 堀慎吾サクラナイツ 2万4200点/▲15.8
4着 二階堂瑠美・風林火山 2万2100点/▲37.9

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +362.8(55/94)
2位 EX風林火山 +241.8(55/94)
3位 渋谷ABEMAS +212.7(54/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +188.2(54/94)
5位 U-NEXT Pirates +33.1(54/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲137.0(55/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲415.6(55/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲486.0(54/94)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:萩原聖人
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊