リボンの狂戦士 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 1/18 魚谷侑未 VS 渡辺太 VS 高宮まり VS 堀慎吾】

リボンの狂戦士

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年1月18日

第1試合

東家:魚谷侑未セガサミーフェニックス
南家:渡辺太赤坂ドリブンズ
西家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

こちらは、

Mリーグ初年度、2018年に見せた高宮の表情である。

面持ちから悔しさが滲み出ているが、似たような表情は、

この試合でも見られた。

それは東1局のことだった。

ドラがアンコの手で、高めは456三色。弩級のリーチをかけた高宮。

しかし、

追っかけてきた太に、アガリをさらわれてしまう。

しかも、太がツモったのは高宮のアガリ牌【3マン】だ。

この瞬間に、高宮の表情が崩れたというわけだ。

もちろん悔しいものは悔しい。

しかし、これくらいのことで高宮はへこたれるはずがない。

再び、前を向いて戦っていく。

さて、お気づきの方も多いかと思うが、

高宮はこの試合に「リボン」をつけて臨んでいた。

これは、

チームメイトの伊達から受け継いだ、いわばバトン。

結んだ髪に気合いを乗せて、高宮は突き進んでいく。

このようにチームや選手で変わるアクセサリーや髪型もまた、Mリーグの楽しみのひとつだ。

さて、Mリーグ開幕から変わらない高宮の武器は「真っ直ぐに突き進む攻撃力」だ。

東2局1本場

再び、高め三色の手を組み上げてリーチへ踏み切ると、

安めながらも一発ツモ!

リーチ一発ツモピンフ赤ドラのハネマンで、一躍トップ目へと躍り出る。

さらに、南1局では、

トップ目から、カン【8ピン】を音速リーチ!

これを、

一発ツモ!

2000-4000の加点で他家を突き放すことに成功する。

極めつけは、南3局親番での…

 

2巡目七対子赤赤のリーチだ!

しかも、【4マン】を切っての【1マン】待ち!

奇しくも【1マン】は、

 

魚谷の手にトイツで入っていた。

オートマチックに打ち出されていくのも無理はない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/