甦れ⸺ 松ヶ瀬隆弥と真紅の炎 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 3/14】

甦れ⸺ 松ヶ瀬隆弥と真紅の炎

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年3月14日

松ヶ瀬隆弥が、今季は地獄を味わっている。

2月が終わった時点で、個人ランキングは最下位。

一番下にある自分の名前を見て、胸が痛まないはずはない。

不調にあえぐ松ヶ瀬。

それでも監督は使い続けた。

そして、ついに、

3月2日、待望のトップを獲得。

そこから、松ヶ瀬は徐々に調子を取り戻し、

この試合が始まる頃には、確実にマイナスを減らしていた。

今は、レギュラーシーズンの最終盤。

6位までがセミファイナル進出となる。

EX風林火山、1戦目の先発は松ヶ瀬隆弥

大事なボーダー争いの最中、松ヶ瀬を信じて何度も送り出してくれる監督、そしてチームメイトやファンの信頼に応えたい。

いや、応えねばなるまい。

気合いみなぎる髪型で、

松ヶ瀬は卓へと向かっていった。

第1試合

東家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
南家:松ヶ瀬隆弥EX風林火山
西家:園田賢赤坂ドリブンズ
北家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)

いきなり、

東1局に、リーチドラ裏3の12000を出アガり、

東1局2本場に、4000は4200オールを決めた寿人。

さらに、

東2局では、自風のドラ【北】を含む2副露。怒涛の攻めを繰り出してくる。

対して、親番の松ヶ瀬、

ここから、

【3マン】とする。

松ヶ瀬の基本フォームは、「シャンテン数の分だけ安全牌を持つ構え」だ。

牌効率上の損は承知の上で、手詰まって致命傷を負うことを避ける、守備型の選手である。

ここも松ヶ瀬は親番ではあるが、上家にいる寿人の河が薄いうちに危険な【3マン】を処理しておく意味合いが強い。

オリるにせよ、上手くいって押し返すにせよ、リスクは低く、というのが狙いだ。

ただ、手数自体は少なくなる。今季は相手に押し込まれてしまう場面が多かった、というのが私の印象である。

だが、この日は違った。

カンチャンを埋めて、寿人の現物待ちでダマテンに構えたあとで、

リャンメンに変化してリーチ!

これをしっかりとツモりあげ、4000オールのアガリとなった。

寿人を追撃する体勢に入った松ヶ瀬。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/