紡がれゆくもの~「伝説の番人」土田浩翔を超えていく鳳凰 麻雀最強戦2024【伝説を継ぐ者】観戦記【A卓】文:千嶋辰治

紡がれゆくもの~
「伝説の番人」土田浩翔
超えていく鳳凰

【A卓】担当記者:千嶋辰治 2024年3月31日(日)

土田浩翔は、この日が来るのを心待ちにしていた。

「この3人と麻雀が打てる! もうそれだけで幸福感いっぱいです。」

最近ではMリーグの解説をはじめ、「麻雀を伝える」役目が求められている土田だが、このメンバーでの対局に「打ち手」として招かれたことに嬉しさを隠さない。

「最近はほとんど打つ機会も時間もなく、打ち手と名乗れる身ではありませんが、打牌を通じて交わせる会話を楽しみにしています。
斬るか斬られるか、といった心境で卓に着くことはできませんが、土田流儀を貫いて打とうと思っています。」

事前の取材にこう語った土田。
万感の思いを胸に、対局の舞台へ降り立つ。

A卓戦

東家 前原雄大(日本プロ麻雀連盟)
南家 沢崎 誠(日本プロ麻雀連盟)
西家 佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)
北家 土田浩翔(最高位戦日本プロ麻雀協会)

東1局

土田が第1打に字牌を切らないのはご存知の方も多いと思う。
土田はこともなげに【5マン】を第1打に選んだ。
マンズはドラ絡み以外では使わない。
その意志の表れだろう。

点数的なしがらみがない東1局は、可能な限り大きく打つ。
私が知る27年前から、土田は一貫してそのフォームで打ち続けている。

3巡目、

首尾よくドラの【8マン】を重ねてイーシャンテン。
そして8巡目。

手順で残した【1ピン】が暗刻になって先制リーチも、終盤まで局面はもつれた。

終盤、深めの盲牌でゆっくりと【3ピン】を右側に置いた前原、

 

注意深く場を眺めて一息。
【4ソウ】【7ソウ】の筋は否定されているが、【1ソウ】【4ソウ】の筋は通っていない。
しかし、自分の待ちである【3マン】【6マン】が勝負になりそうと踏んだか。

リーチで勝負に行くも、この【4ソウ】は土田に捕まってしまう。

裏ドラは乗らず、リーチドラ2の5,200。
まずは土田が先制する。

3局の流局を挟み、勝負が動いたのは東3局3本場(供託3)。
ここまで出番がなかった寿人の親番。
ホンイツコンサルタント」の異名をとる寿人。
自らイニシアチブを取るために動く。

この手格好から、

土田が放った【1ピン】をポン。

寿人の積極策によって場が大きく動き出す。

まず同巡、ドラの【3マン】が沢崎の手で暗刻に。

さらに、前原へ目が覚めるようなツモが流れ込み、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/