紡がれゆくもの~「伝説の番人」土田浩翔を超えていく鳳凰 麻雀最強戦2024【伝説を継ぐ者】観戦記【A卓】文:千嶋辰治

 

場に安い【2マン】【5マン】【8マン】待ちの絶好形で先制リーチ。
そして、ドラを暗刻にしている沢崎があっという間に追いついた。

中盤に怒涛の展開で2軒リーチ。
手を短くして追い込まれた寿人だったが、

沢崎が切った【9ピン】をチーしてカン【8ピン】のテンパイ。

三者による高打点のぶつかり合いは、

 

前原が沢崎の当たり牌を掴んで決着。

さらに前原は次局、

 

放送対局では滅多に見られない裸単騎に至る仕掛けを敢行するも、

「マムシ」沢崎へリーチ一発三色ドラ2の12,000点を放銃し、大きく戦線を離脱。
逆に沢崎は決勝戦へ大きく前進した。

事実上、残る席はあと1つ。
焦点はその席を土田と寿人のどちらが手にするのかに絞られた。

「せっかくこの舞台に立たせていただいているので、せめて視聴者の皆さんの記憶に残る1局を作りたいなと思っています。
昨年の出場時に、オーラスのハネ満ツモ条件に意識をとられ、9巡目でツモという四暗刻を逃した汚名の半分でも晴らせればいいかな、と。」

対局前の取材にこう語っていた土田。

「視聴者の皆さんはもちろん、主催者をガッカリさせたくないなという気持ちでいっぱいです。」

伝説を継ぐ者−。
佐々木寿人に相対する3人のレジェンド…という構図がA卓のコンセプトだが、土田はその役割を全うすべく、寿人の前に立ちはだかる。

南3局1本場(供託2)。ドラは【9ソウ】
土田の配牌。

寿人との点差はわずか4,300点。
土田としては連荘を阻止するだけでなく、出来るだけ点差を広げて親番を迎えたい。

土田は前原から切られた【白】を叩いて速攻。
ホンイツに向かう。

 

土田=チートイツ
というイメージから、門前主体でどっしり構えた土田の姿を想像する方が多いと思うが、実は仕掛けに対しての嗅覚が鋭い打ち手。
昔は遠いところからバンバン仕掛けていく姿も目にしたが、最近は精度が高まった印象がある。

仕掛けたら高確率で和了をモノにする。
円熟の季節を迎えた土田の仕掛けには、そういう切れ味があると私は感じている。

(親番の寿人は、自分を逆転するためにある程度の踏み込みを見せてくるだろう。
ならば、直線的な仕掛けであったとしても、寿人からは有効牌を鳴けるかもしれない。)

土田が勝算ありと1枚目の【白】から一直線に踏み込んだのは、そんな「人読み」もあったのだろう。

土田の思惑どおり、寿人から打たれた【西】を叩いてイーシャンテン。

 

そして、カン【6ソウ】を引き入れて【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】のテンパイ。

しかし、話はこれで終わらない。

寿人がチートイツで追いつき、【7ソウ】単騎でリーチ。
残念ながらこの時点で【7ソウ】はカラテンなのだが、ここで注目すべきは土田の対応。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/