白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】




そんなとの生活も、一瞬で終わりを告げる。

白鳥はというエキゾチックな女性に鞍替え。

そして最後は、結局という本命の女性と結ばれゴールイン。

前原のリーチと茅森の聴牌に対して、のらりくらりと打ちまわし、5800は6400+供託3本をさらっていった。

〇東3局3本場

白鳥のリア充生活はまだ続く。

4巡目にドラ表のを余らせて充実の一向聴。

各選手から「このリア充が…」という妬み声が聞こえてきそうだ。

10巡目によどみなく聴牌&即リーチ。

同じく聴牌していた石橋から討ち取る。

裏ドラも乗って7700は8600の和了。

所ジョージも驚きの充実っぷりだ。

〇東4局 牌譜 http://qq2q.biz/MnSj

終盤だが、三色ドラ3の見える手牌。

対面の石橋の仕掛けを受けて、白鳥は打を選択。

微妙に受けに回ると…

次巡、打として完全に降りた。

が石橋に対して相当危ないと踏んだか、満貫~跳満クラスの手をいとも簡単に崩してみせた。

これもまた、リア充たる白鳥の余裕であろうか。

〇南2局

前局、リーヅモ赤裏という充実感に満ち溢れた満貫をアガった白鳥。

今局は6巡目に聴牌。

三色変化とのポンでも役が付くので、ここはダマに構えると…

全てが思惑通りに進む。

すぐにが鳴けての役あり聴牌。

その後、親の前原のドラポンを含む全員聴牌となるが、やはりというべきか勝ったのは白鳥。

しかも微差だが、三色の付く高目での和了。

トップを確実なものとする。

〇南4局 牌譜 http://qq2q.biz/MnTJ

オーラス、親の茅森が役牌&ドラをポン。

親に上がられるのは面倒だが、一度上がられたくらいで、揺らぐような点差でもない。

この局はただベタオリするだけだろう。

幸い安全そうな牌は事足りている。

そう思っていた。

否。

白鳥は天を仰ぎ、顔をしかめた。

そう、降りることは決して楽ではなかった。

茅森の仕掛けを振り返る。

茅森はをポンして打

次巡、何かを引いて打とした。

もしペンで聴牌しているところから、ドラをポンして単騎聴牌に受けたとしたら、現物以外のすべての牌が当たり得る。

実際は全く違う形なのだが、白鳥からは現物以外の牌は全て怖く見えたであろう。

私が見ていたリア充白鳥など、ほんのイメージに過ぎなかった。