“女流プロは嫌い!”という人から、なぜ魚谷侑未は好かれるのか⁉︎【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

“女流プロは嫌い!”

という人から

なぜ魚谷侑未は

好かれるのか⁉︎

文・梶谷悠介【火曜担当ライター】2018年12月11日

今日は魚谷プロでいこう。この日の決定は早かった。

観戦記の内容を決めるのは2パターンある。

一つは告知された対局者を見てあらかじめ誰を中心にするか決めておくパターン。もう一つは実際に対局を見て決めるパターンだ。私の場合後者が多いが、この日は珍しく魚谷プロ一択だった。

 

『私は女流プロが嫌いだ

いや、正確には嫌いだった。実力が伴っていないのにも関わらずプロを名乗り、女であることを利用して麻雀で仕事をしていることが許せなかったのだ。私のその稚拙で偏った考えを改めるきっかけとなったのが、昨夜登場した』

 

ZEROさんが以前、魚谷プロについて観戦記を書かれたときの一文だ。これを読んだとき非常に共感したことを覚えている。私も女流プロが嫌いだった。

私が以前働いていた麻雀店では女流のゲストが頻繁に来ていた。中には卓立てを急かしているにも関わらずぺちゃくちゃと連れてきたお客さんと喋り続け、ようやく打ち出したと思ったらルールをまるで把握していないなどとのたまう女流もいたり、書けばきりがないが、麻雀の内容も稚拙なら接客もそうかと憤りを感じていたものだ。

一応誤解のないように記しておくと、現在ではそのようなことは一切ない。どうしてそうなったかは本筋から脱線するので控えておくが、きっかけとなったのはやはり魚谷プロがゲストで来店されたときだったと思う。

すばらしいの一言だった。彼女は本当に接客で一切手を抜かない。深々とエレベーター前でお辞儀する画像を見たことがある方も多いと思うが、

そのときもまさにそんな感じで、自分のお客さんだけでなくお店の常連さんにまで同様にお見送りをしていた。それでいてドリンクオーダーや灰皿交換なども手伝ってもらえるとあって、逆にそこまでやってもらって申し訳ないと感じたほどだ。当然ルールなどは事前にリサーチ済み。

女流プロにこんな人がいたのか。

私の頭に魚谷プロの名前が刻まれた瞬間だった。

それから数年の後、私は最高位戦に所属し、こうして観戦記を書かせてもらえるとは不思議な縁である。

魚谷プロはこの日連闘を直訴したらしい。彼女は謙虚だが、控えめな性格ではない。接客も全力なら麻雀も全力だ。よし、今日は魚谷プロしかないだろ。応援すっか!

1回戦

起家 小林剛 (Pirates)

南家 高宮まり (麻雀格闘俱楽部)

西家 魚谷侑未 (フェニックス)

北家 松本吉弘 (ABEMAS)

 

東3局1本場

 

小林はでチーしており、終盤でテンパイが入った。

 

親の魚谷、形テンを入れるがハイテイでドラのを掴んでしまう。ドラは打てないので切るならか…

 

悩んで末に打ち出された牌は

 

だった。

結果は放銃だったが、小林に対してはピンズでまだ通っていない筋が多く、テンパイ料と親の連荘があるなら悪くないと思ったが

 

なるほど。松本はドラ側のを切ったあとにと安牌候補を連続して切っている。捨て牌も濃くテンパイが入っているならが本線に見える。切るべきではなかったかもしれない。

魚谷は寝たが私の原稿書きはまだまだ続く。

 

南4局0本場

南3局の親番で必死にアガりにいった魚谷だったが、小林にかわされてしまい3着のままオーラスを迎えることとなった。

 

跳満ツモでトップをまくれるがここで2枚目のをポンする。

これをどう評価するかは難しい。着順ダウンがほぼない状況でメンホンチートイでの跳満ツモの目を潰してしまうことをもったいなく感じる人はいるだろう。

だが少なくとも魚谷は冷静であると感じた。3対子からメンホンチートイをアガり切るのはかなり難しい。それよりも現実的に少しでもマイナスを減らすことを優先している。

 

『開幕戦のあの日、南場で早々に箱下になってしまい、道中弱気の虫が出そうにもなりました。

でも、いつもの自分ならどう打つのか、この場面での選択はどうするのが得なのか、きちんと考え抜いて打ちきれたと思います。

-中略-

結果はどうなるか分かりません。

個人成績が最下位になってしまうかもしれません…。

そうなってしまったら、応援してくれてる皆様、チームに携わる皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。』

(魚谷侑未オフィシャルブログより抜粋)

 

こう語る魚谷が3着がほぼ確定する仕掛けを快く思うはずがない。だが彼女の打牌選択は常に現実的な得に基づいている。すべてはチームの勝利のためだ。

この局は松本が4000オールを決めて連荘した。

 

南4局1本場

 

引き合いに出して申し訳ないが、小林のリーチが入っている場面で高宮の手、は小林には筋だ。フリテンだがこれはリーチにいくべきだ。だが高宮はに手をかけた。着順が変わらない場面で少しでも得になる打牌選択ができるかどうか、この点において魚谷との差がはっきり現れていたと思う。

小林のリーチに対しこの巡目の2シャンテンから初牌のを切っていった魚谷だが、この手をものにすることはできなかった。

1位:松本(ABEMAS)+66.9 

2位:小林(Pirates)+22.6 

3位:魚谷(フェニックス)▲22.6 

4位:高宮(麻雀格闘俱楽部)▲66.9

 

 

2回戦

起家 魚谷侑未(フェニックス)個人20位 ▲217.8 

南家 前原雄大(麻雀格闘俱楽部)個人15位 ▲83.8 

西家 松本吉弘(ABEMAS)個人8位 +48.4 

北家 石橋伸洋(Pirates) 個人16位 ▲93.7

 

東3局3本場

 

をポンしてでチーした場面。を自分で切っているが打とした。

も中も2枚切れだが残り1枚は確実に山にあるとの判断だ。フリテンだからと東を切りそうになるが引き戻せばいいわけで、手牌を短くしたときの安全度も含めた攻守兼用の字牌残しだ。

 

南1局0本場

 

満貫を連続でアガって迎えた親、ついに好配牌に出会う。

ここで打とすると

 

絶好のを引き入れてリーチ!

ドラのを切って松本にポンされているがは良い待ちになった。

 

これにホンイツドラ3のテンパイが入っていた松本が飛び込む。

個人成績20位に沈んでいる魚谷、やっと、やっと光が差したか…

に見えたが黒い影ならぬ黒いデジタルがオーラスに立ちはだかる。

 

南4局0本場

 

これはズルバシと呼んでいいですか?

石橋が12000をアガると魚谷まで8200差に迫る。

(逃げて!ここで逃げ切って!ゆーみんスマイルで観戦記を締めたいから!)

 

南4局1本場

 

をチーしてクイタンで逃げ切り態勢を整えるとすぐも引いてイーシャンテンとなったが

 

恐れていた石橋からのリーチがかかってしまう。

 

しかし魚谷もを引いてテンパイ。現物はない。カンとカンどちらを選択するか…

 

選ばれたのはだった。は場に1枚、は0枚。どうせめくり合いになるのならドラ待ちでも少しでも多い方というアガりに懸けた選択だった。

 

ゆーみんスマイルは見られず。

だが打牌に後悔はないと思う。やれるだけやっても負けることがあるというのが麻雀だと彼女は知っている。反省をし、次回にがんばるしかない。

 

『今日に至るまでのネガティブな感情は、もし優勝者インタビューをして貰えるならその時にw

トップが取れなかったらずっと秘密にしておきます(*´-`)』

 

うーん、残念。明かされることはなかったが、ファンは次の優勝者インタビューを心待ちにしている。

 

1位:石橋(Pirates)+67.1 

2位:魚谷(フェニックス)+13.5 

3位:前原(麻雀格闘俱楽部)▲23.0 

4位:松本(ABEMAS)▲57.6

梶谷悠介
最高位戦日本プ麻雀協会所属。HNツケマイとして天鳳やブログで一時話題となる。去年パパと麻雀プロに同時なった男。最高位とMリーガーを目指して連続昇級中。

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

 

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

 

(C)AbemaTV