麻雀最強戦2018ファイナル観戦記①【A卓編】前原、達也、仲田、そして…平成最初の王者・片山が挑む平成最後の栄冠

麻雀最強戦2018

ファイナル観戦記①A卓編

前原、達也、仲田、

そして…平成最初の王者・

片山が挑む平成最後の栄冠

【ファイナルA卓】担当記者:ZERO

「麻雀最強戦」は平成元年に始まった。その第一回の優勝者がこのA卓に降臨する。

 

片山まさゆき。

紹介は不要であろう。「打姫オバカミーコ」を読んで麻雀を勉強した、という人もいれば、「スーパーヅガン」の豊臣君にツカなさに共感したオッサ… いや、オールドファンもいるだろう。かくいう私も「ノーマーク爆牌党」に熱狂した1人だ。

片山まさゆきは、これだけの大先生にも関わらず、とても腰が低く、気さくで、常に微笑みをたたえている。とても話しかけやすい人だな… これが私の第一印象だった。

平成最初と最後の最強位奪取なるか。片山の戦いは今始まる。

 

片山まさゆき・前原雄大・鈴木達也・仲田加南

 

A卓はこのようなメンバー。

東一局、親番で始まった片山は

 

このテンパイで切りリーチを打つ。

片山マンガが、いつの時代でも多くのファンに愛され続けてきた理由は、片山の雀力に裏付けされた闘牌シーンがあり、氏の性格を表すような優しくてコミカルな絵があり、そして時代の流れを敏感に取り入れている部分にある。

牌賊!オカルティ」が良い例だろう。

「牌賊!オカルティ」は、デジタル・オカルトという概念で麻雀界が揺れているさなか(西暦2000年)に連載された作品。作中の要である「オカルトシステム」という言葉を未だに口にする人のなんと多いことか。他にも「オーラ打ち 言霊マンボ」という作品では、今をときめく多井プロを主人公に物語を描いている。これが現在ならなんとも思わないが、多井プロがタイトルを取る前(2006年)というのだから、その時代を先取りする感覚はさすがとしかいいようがない。他にも各作中の細かい部分でとにかく流行を取り入れようとしているのを感じる。

 

「今でも若いプロ達とセットを組んでもらって練習しているんですよ。トイトイダッシュのZEROさんですよね」

 

…まさか私のことを認識してくれているとは。片山まさゆきと言えば、メンゼン・好形・高打点・守備型… というイメージだが、勝手に型にはめて考えていた自分が恥ずかしくなった。片山は今もなお時代に沿った戦術を勉強し、その麻雀を進化させているのだ。

 

周りをおろした後、ゆっくりツモって2000オール。

赤ナシ麻雀において、親のリーチドラ1は狂暴である。これよりよいテンパイになる手変わりが限られている以上、この手は即リーチの一手だ。

 

次局、Mリーガー前原が

 

リーチ一発ツモ裏1という実に効率のいいマンガン。

この手、実は6巡目打のところで、一度カンのテンパイを崩している。

 ドラ

を切れば、マンズの4~9でテンパイし、イッツーも狙えて打点も見込める。テンパイを外すのは当然だろう。しかしをツモったことによって

打点が大幅にアップする手変わりは望みにくくなった。それならば場況のよいでさっさとリーチを打った方がよい。

「機を見るに敏」とはまさにこのことだろう。

片山と前原の先制で戦いは幕を開けた。

印象的だったのが東3局だ。

まずは「必殺!麻雀ラリアット」仲田加南が

 

ここからと切り出し、明らかなるホンイツ狙い。

そして片山はこの手牌。

 

ドラはなのでチャンス手だ。平面なら打としてチートイツも残すことを考えるが、片山はを切った。

 

「仲田プロがソウズということもあり、弱い部分を補強した方が良いと思いました。この手でチートイツは考えません」

 

たしかにをツモってきたりポンしたりの際に待ちでは心もとない。後からソウズを打ち出す危険はあるものの、自分のアガリ確率を最大限に構えた選択だ。

こうして片山は

 

テンパイを果たし、打ヤミテンに構える。なおこの時点で仲田は

 

まだこの段階。テンパイも厳しそうだ。

そして片山の切ったに対して…

 

前原はこの手牌でチーテン取らず。

たしかにリーチ・ツモ・・ドラ1のマンガンが見える勝負手だが、仲田が2副露しており、そしてその仲田の仕掛けに対して片山もをかぶせている。前原は道中、遠いところから役牌をポンしたり、先ほどのようにリーチのみを打ったりしているが、高打点のチャンスと見たらとことん腰を重く構え、決定打を追及している。

なお、これは前原だけではない。

「麻雀ファンタジスタ」鈴木達也も

 

この手牌で前原の切ったをスルーしている。たしかに、たしかに勝負手である。それにしても仕掛けの入っている14巡目のことだ。このように競技麻雀の強者たちは三段目に入ってからもギリギリまで打点を追う。

そして、メンバーを見たときにこういう展開になることは片山も重々承知である。試合前、片山はこう言っていたのだ。

 

「3人とも腰が重く、高打点を作ってくる打ち手だから、私も負けずに踏ん張りたいですね。マイノリティーはどうしても弱くなると思っているから」(重厚派3人に速攻派1人が入ると速攻派が劣勢になりやすい、ということ)

 

しかし、この局を制したのは意外にも仲田だった。

 

片山から3900は4200。あの手がテンパイまでいったのだ。

片山はもうツモ番がなかったが、仲田はソウズを余らせていない。仮に放銃してしまっても3900なら自分がノーテンになって達也に連荘されるよりはよいと思う。

あと何回重いパンチが飛んでくるだろう。しかし、その重いパンチに屈して軽い仕掛けを入れたら負けてしまう。なんという苦しく、先の見えない戦い。各選手の逃げ出したくなってしまう気持ちが伝わってくる。しかし、先に顔をあげたやつから負けていくのだ——

次の局だった。

 

親の仲田がこの好配牌。(ドラ

ダブを切り出し、場に緊張感が走る。

 

下家である片山がそのをみて一瞬逡巡する。

仲田がを切ってきた意味、そして繰り出されるであろう重いパンチに対抗するには——

 

片山は思い直すようにツモ山に手を伸ばした。重いパンチにはこちらも腰の入ったパンチを繰り出すしかない。

それにしても今放銃したばかりで、その放銃した相手である、ラス目・仲田の親でのスルー判断だ。局消化に焦ってしまうのが打ち手の心理だと思う。

片山の打っている姿を見ると

 

どこか飄々としていて、余裕すら感じる。

思うようにいくことの方が少ない麻雀、ましてや一発勝負の最強戦だからこそ、どうしても力が入ってしまうことは想像に難くない。そんな中、1人、菩薩のような佇まいで卓に着いているように見える。

こうして片山がツモってきたのは

 

だった。これなら重いパンチにも対抗できる。すぐにそのをポン。

その後、うまいこと手は伸びず、そうこうしているうちに仲田からリーチ。直後に片山は

 

大三元のイーシャンテンになって押し返す見せ場を作る。

 

達也も567の三色のイーシャンテン。しかし、片山の仕掛けからの押しを見て、の2枚は切り切れないと見て、オリ。

仲田のリーチも片山の仕掛けも実らず、流局となる。

次局、仲田の運命を左右したのはこの手牌にあった。

 

ドラがで何を切るか。

私ならを切るかな…と思って見ていたが、小考して仲田が選んだのはだった。

ヘッド候補がしかないので一見は不要に見えるが、ツモとドラが縦に重なったときには重要なフォロー牌となる。はツモで形に不安が残るし、ツモも絶好のように見えてが2度受けになり、そこまで良くはない。しかし、次に無情にもツモってきたのは

 

そのだった。これはミスなのか、それとも割り切れる裏目なのだろうか。この一手遅れのうちに達也が追いつきリーチをかける、そして片山もテンパイを果たし

 

タンヤオドラ3のアガリ。見事重いパンチに対するカウンターを決めた。結果論だが仲田はあの手牌でを切ればアガっていた。ほんの少しの遅れを見透かしたかのようにカウンターが襲い掛かってくる、恐ろしい戦い。

南2局、あとは3人の親を落としていくだけとなったトップ目の片山だが、ここから試練だった。まず、恐ろしい手順でラリアットを繰り出してきたのが仲田。

 

この手牌から打とし、安全なを残した。たしかににくっついたらドラが出ていってしまう。それでもリーチタンヤオドラ1なら十分と考える人がほとんどではないだろうか。そして

 

思惑通り一段階高めのテンパイを果たし、リーチ。待ちのはこの時点で7枚も山に残っていた。片山がこのリーチに対して追いつく。

 

カンの役ナシテンパイ。は無筋なので、さすがにを切ってテンパイを外す。

 

にくっついてリャンメンになったら1枚くらいは勝負して追っかけるつもりでした」

 

親の前原は今のところ押し返している気配がなく、現状の7500点差を維持できるなら万々歳。そしてさらなる加点のチャンスがあればどん欲に狙う姿勢を語ってくれた。

しかし片山はテンパイすることができず、流局。仲田も重量級のリーチを何度も打っているが、なかなかアガれない。

南3局、ファイナル決勝まで、あと2局。片山は

 

この手牌からをツモ切り。

 

は持っていたくない牌だし、を重ねての好形変化を考えました」

 

三暗刻などの打点も見えるが、この状況なら安全な局消化を優先したのだろう。をチーしてカンのテンパイにとる。そして持ってきたのが、

 

ドラのだ。アガリにかけるなら打、安全に行くなら打だが、片山はさほど間を置かず、を切った。

 

「ドラを切って波風立てたくありませんでした。ロンはもちろん、ポンやチーと言われても嫌だからね」

 

これは実らず、親である達也のアガリとなる。

次局、この手牌を前に片山は長考に沈んだ。

 

ドラが。あなたなら何を切るか。

イーシャンテンに受けるとしたら打か打。打点はそこまで重視しないので打か。いっそと切っていってタンヤオに組みなおす手もいいと思った。ピンズは高い。

が、片山が切ったのは、そのどれでもないだった。

 

「うーん、あれはどうすればよかったのでしょうかね。仕掛けが利くように567の三色を残したのですが」

 

「打ですか?いや、ドラは絶対切りたくなかったので」

 

「あ、でもたしかにツモでドラは使い切れますね、うーん…」

 

そう語ってくれた片山の目が宙を追う。私の無粋な意見に対しても一考して思いを巡らせているようだ。なんと実直で柔軟な人柄だろう。片山マンガが優しさと向上心で溢れていることを思い出した。

 

しかし、三段目まで手は進まない。

 

すると片山は上家の仲田から打たれた垂涎のをノールックスルー!

いや一応見ていると思うが(笑)

 

「仲田さんがダブをポンしていて、は切りたくありませんでした。ドラまたぎなので3900以上あり、マンガンになったら2着に落ちてしまう」

 

いや、たしかに言われるとそうなのだが、あと2局となった終盤で、トップが目前で、そして手を伸ばせば届くところにテンパイできるネックの牌が置れているのだ。私なら飛びついてしまうかもしれない。なんという我慢の効く打ち手だろう…と感じた。

マンガはその作者の信念が投影される。片山マンガにメンゼン高打点型の主人公が多いのがよい例だと思う。

逆に鳴き速攻型は「かませ犬」的な立場で登場することが多い。

そして片山の麻雀の根底を支えるのは「爆守備」の鉄壁保ではないだろうか。

鉄壁が、テンパイしていても国士の当たりと読んだ牌を掴み、オリてしまうシーンがある。

ノーテンだと確実に負けるという状況で… だ。その時のセリフ

 

「鉄壁保はこんな牌を打たない」

 

を思い出した。

 

「片山まさゆきはこんなを打たない」

 

片山まさゆきは、たとえ何十年に1回しか挑戦できない大舞台でも、片山まさゆきとして打ち、片山まさゆきとして勝ちたいのだ。

結局この局は流局した。達也もギリギリでテンパイを入れ、苦しい南3局は続いた。

このような忍耐の続く片山の戦いぶりを見ていたからこそ

 

このリーチには驚いた。リーチのみのカンチャン待ち。牌を曲げる動作に、よどみは全くなかった。

解説席で誰よりも片山を知るバビィも「おお!いったぁ!」と声を上げて驚いていた。

 

「ドラが見えたから? いえ、このときはマンズがとても良さそうだったんですよね」

 

さきほどは自信なさそうに答えていた片山だったが、この時は胸を張って語ってくれた。

 

たしかに場況は最高だ。

あとのない達也から出アガリ、1300は2200。長い南3局に終わりを告げる、安くとも大きな大きなアガリ。これが決定打になり、片山はファイナリストに名前を連ねた。

 

苦しい戦いを潜り抜けた片山の顔には、安堵の気持ちが見て取れた。

ハードパンチャーが揃い、気を抜くことができない展開。

その戦いを支え、勝利に導いたのは、片山麻雀の根底である、朧夏月であり、鉄壁保だったと思う。

30年前に起きた奇跡をもう一度みることができるかもしれない。

そう感じさせるのに十分な内容のA卓だった。

(C)片山まさゆき

ZERO(ゼロ)
麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

【シリーズ記事】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記②【B卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記③【C卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記④【D卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記⑤【決勝卓編】

 

 

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

 

(C)AbemaTV