“最高の無駄ヅモ”とは⁉︎ロボ小林の「コバシステム」をインストールしよう!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

“最高の無駄ヅモ”とは⁉︎

ロボ小林の「コバシステム」

をインストールしよう!

文・ZERO【火曜担当ライター】2018年12月11日

中盤を過ぎたMリーグ、年内の試合があるのは12/21(金)までである。

2019年は1/7(月)から始まるので、その間の17日間は休みとなる。年末年始こそ、やることが少ないので「Mリーグレス」に悩まされるファンも多そうだ。

さて、残り試合数も少なくなってきて、各チームにもそれぞれの事情が見て取れるようになってきた。

 

特に今夜試合のある、フェニックス・ABEMAS・Pirates・格闘倶楽部は4~7位にひしめきあっており、チームによる人間ドラマが垣間見えるようだ。

 

フェニックス・魚谷は決意の連闘志願で試合に臨んできたし…

 

同じく松本も連闘志願。

下降線のABEMASをなんとかしたいという気持ちが伝わってくる。

 

格闘倶楽部の高宮も、3連勝の寿人が作った好調ムードを崩したくない気持ちが、かなり重圧になっているはずだ。

正直、チーム戦がこれほどまでに麻雀観戦にスパイスを与えるとは思ってもみなかった。選手自身も、打っていくうちにチーム愛がさらに高まり、それゆえに負けたくない気持ちもどんどん強くなっていっているだろう。

そういった「結束力」とか「負けたくない気持ち」などという俗物とは無縁の男が12月初めてMリーグの卓に着いた。

 

小林剛。

小林は先日行われた最強戦の控室で、Mリーグで戦うための気持ちを含む、多くの麻雀論を語ってくれた。そこで小林剛というロボを支える「コバシステム」を感じることができたのだ。

もちろん小林もチームに感謝しているし、負けたいわけではない。

「負けたくない」と思うこと自体が無意味…いやむしろシステムのエラーを引き起こしてしまう一番の要因になる…という話だ。個人として、目の前の選択に向き合うことが、結果的にチームにとって一番良い影響をもたらす…ということをわかっている。

東一局。親番スタートの小林による

 

からゲームは始まった。

何度も言うが、小林の「1000点トーク」はブラフだと私は思っている。その証拠に本日までの小林の平均打点「7059点」は21人の平均よりかなり高い。それでいてアガリ率も22.92%(4位)と高く、いかに早さと高さのバランス感覚に優れているかがデータからも読み取れる。

 

すぐに松本から打たれたをチー。鳴いた方が早いのは間違いなく、打点も・ホンイツで妥協できる範囲内だし、イッツーや赤、チャンタや他の役牌などが複合してマンガンになるケースもそれなりにある。解説の萩原は驚いていたが、これをチーできないとどうしても安くて遅い進行になってしまう。

 

そしてこのツモで打とする。次にをポンした後でを切ることで、トイツなのかな?トイトイやチャンタなのかな?とホンイツをボカすことができる。

 

電光石火の7700となった。

おなじみの手筋と言ってしまえばそうなのだが、毎回ボカシているわけではない。7sを引っ張る危険と効果をその都度、天秤にかけて判断しているのだ。小林は特別読みが深いわけでもなく、特別鳴きが好きなわけでもない。また、攻めが得意なわけでも、守りが得意なわけでもない。

ただひたすらに選択のバランスがよいのだ。読みや場況をどれくらい選択に取り入れるか、点棒状況による押し引きや鳴き判断、それらの全てのバランスがいい。

東2局だった。

 

北家の小林は1打目に打として、さきほどと同様にホンイツを見たが、このをツモってきた場面では、オタ風のを切った。ホンイツにいくのは、もう1枚ピンズを引くか、役牌であるが重なってからでいい。なんでもかんでも一直線ではないのだ。

これが好判断となった。

 

残したがくっつく。

そして上家・松本のリーチを受けて…

 

このテンパイ。愚形安手では追っかけることはできない。また形を維持できる選択もできない。

ということで、小林は暗刻のを抜いた。そして次に持ってきたのが

 

は現物だが、次にの周りを引いたときに対応できるように残しておきたい。安全牌のを切ってしまうのは他家の追っかけに手詰まる可能性があるが、十分形になるまでもう1枚のを手元に置いておけば事足りる。

小林もそう判断したのだろう、その証拠に次巡、

 

をツモってきた場面で、今通ったを切ってを残した。

そして、あれよあれよといううちに

 

テンパイ。マンズが安い(よく切られている=使いにくい)。

場況が良いと、ついついその山読みに溺れてリーチをかけたくなってしまうが、どこまで選択に取り入れるかはまた別問題で、今回のやや深い巡目や手変わりの数、点棒状況を加味して小林はダマテンとした。

親の高宮が追っかけリーチをした直後に

 

をツモってきてリャンメン変化。は高宮に通ってないが、ここは悠然と追っかけた。いや、小林には「悠然と」なんて形容詞は必要ない。

「オリやダマテンの選択肢と比較して得だと思ったので追っかけた」

が正しい。

冒頭に述べたように小林には「強気・弱気」とか「負けたくない」とか「チーム愛」とか関係ない。目の前に落ちている情報をただただインプットして、内蔵されているプログラミングにかけ、出た結果を作業として処理しているだけなのだ。

 

Success!

最初の残しからの、リーチに対しての切り、そして残し、追っかけ判断。その選択の一つ一つは当たり前と言えば当たり前で、そこまで特筆すべきものでもなく、言ってしまえば地味だ。

しかし正しい運用を正確無比にこなし続けるのは思っているより難しい。だからこそ小林は「ロボ」の愛称で恐れられているのだ。

東3局、小林は

 

ここからをツモ切った。ドラが3枚ある手牌で、私ならを切って目いっぱいに構えたくなるが、よほどのロスがない限り安全牌を抱えるのが「コバシステム」だ。その後

 

を2枚も持ってきてしまった。普通の人なら「あいやー!」と嘆いてしまうだろう。

しかしロボの頭の中はどうなっているか知っているだろうか?

 

「無関心」

 

んー、惜しい。

ロボはその上をいく

 

「最高の無駄ヅモだ」

 

である。説明しよう。

この手牌にある、数ある無駄ヅモのうちは、相手に与える情報は少なく、河は強いままで、先ほど通ったという安全度を考えると「最高の無駄ヅモ」と言えるのだ。

ここまでくると逆に「狂っている」としか思えないのだが(笑)

小林の名言の中でも、私の一番のお気に入りでもある。

みなさんも裏目った際(特に切った字牌がアンコになった時)は、その運命をただただ嘆くのではなく

最高の無駄ヅモ」だぜ!

と前向きに捉えようではないか。

次の局、小林は

 

この手牌からを切った。は親の魚谷の安全牌だ。

やはりというかある程度ブロックが決まったら、必ず安全牌を残すようなブログラムがインストールされているように感じる。常にバランスを考えると言ったが、このプログラムだけはずっと守っている。

先ほどののように裏目ってしまうこともあるが、先制を受けたときに1牌安全牌があるだけで安定感は違うし、進退を保留することで、結果的に押し返すことができることも多い。私はついついブクブクに構えてしまいがちだが、安全牌を持ってスリムに構えても、そこまでアガリ率は落ちないのかもしれない。非常に勉強になる。

 

中盤過ぎまで、あのときのをずっと残している。そして

 

上家のをチー。切る牌はもちろんプログラムに従ってだ。

小林の「たくさん仕掛けるのに放銃率が低いまま」というロジックは、安手のイーシャンテンでこのプログラムをかたくなに守っているからだと推測する。

この手は3900と決して安くないが、いかにも形が苦しく、ケーテン含みで仕方なく動いたのだろう。

 

この妥協の仕掛けが望外のマンガンになった。

放銃した魚谷にとっては痛恨の場面だった。

 

南場に入り、小林は松本の猛攻を受けてトップをまくられてしまった。

そんな南3局だった。

 

小林はこのをポン。

解説の萩原は驚いていた。ラス前でトップ目の松本と2100点差、この手をアガってもまくれないからだろう。

しかし、例えばツモって1400点縮めるだけで700点差となり、ラス親の松本とは他家の1000・2000でも逆転できる。また、この手はずっと1000点なわけでもなく、各種赤ツモ、他家のリーチ棒・加カン…など、多くの収入アップ要素が存在する。

逆に、メンゼンで打点上昇の望み辛いこの手牌で速度を落とすと、親の魚谷にアガられて3着落ちするというシナリオもある。

親を落とすという意味でも、松本をまくるという意味でも、ここは動いた方が得と判断したのだろう。

魚谷も仕掛けて応戦するが…

 

小林が一手早く、300・500。

 

(辛い…辛すぎるわ、この男)

こうして迎えたオーラス。松本が会心の4000オールをツモ。

 

小林にとってはトップまでハネツモ条件となってしまったオーラスの1本場だった。

 

この手牌から何を切るか。

小林はハネツモ条件なので、ドラ重なりと234の三色を見てを切った。

次の選択肢はここだった。

 

ツモ

を切ってしまうとドラ重なりしかハネツモにならない。

かといってドラを切るとを残す意味がない。

結局小林は少考した後に、このをツモ切った。

さらに悩ませるツモが小林を襲う。

 

ツモ。さっきみたいにいっそツモ切るか、もしくはを切るという手もある。

しかし小林が選んだのはそのどちらでもなかった。

 

こうしておけば

 

をツモってのリーチ

をツモってのドラ単騎リーチ

・ドラをツモってのシャボ待ちリーチ

をツモってからの345の三色リーチ

 

裏条件もあるが、多くのハネツモルートを残すことができる。

そしてさらに忘れてはいけないのがこのルート。

 

ツモ

幻のフリテンリーチ!

…あ、「幻の」とかはいらないんだった(笑)

つい234の三色にとらわれたり、タンヤオスキーとか言ったりしてしまいがちだが、このへんの手牌の運用は本当に正確無比だと思う。

 

結果、最後のツモでアガれたものの、裏ドラが乗らずに2着止まり。

胸をなでおろすABEMASサポーター、がっくりうなだれるPiratesサポーター&チームメイト。ただ、当の本人だけが何も感じていないだろう。

 

裏ドラが乗っても同じ顔、同じテンションでいたと思う。

最善の選択を取り続ける、という打ち手のやれる範囲のことはやり、裏が乗るか乗らないかなど、あとのことはどうしようもない。祈っても無駄だし、結果に一喜一憂するのも無駄だ。次にまた無心で戦えるような準備をするだけである。

こう紹介すると、ドライで冷徹な男のように感じるかもしれない。

私は最強戦の会場で、まりちゅうやカリスマ多井プロなど、そうそうたるメンバーの中にいた。委縮していたわけではないが、どことなく居場所がみつけられずにうろうろしていた。すると昨年同様小林プロが優しく声を掛けてくれ、一日中話し相手になってくれた。

私だけでなく、アマチュア参加の野間さんや、応援に来ていた人にも分け隔てなく接し、そして麻雀の質問には全て優しく答えてくれた。

小林プロは、ひとたび卓を離れたら、優しくて、純朴で、ちょっとシャイな、そんな青年なのだ。

 

相変わらず3位~6位あたりまでは混戦状態だが、船長小林の率いるPiratesは、かなりの確率で決勝という島にたどり着くだろうな、と私は思っている。

 

オマケ1

ロボと一緒に観戦しながら

ZERO「あー!親のアガリ牌が食い流れ…」(ロボの視線を感じる)

ZERO「って概念は麻雀にありませんよね。知っています。」

 

別の局

ZERO「おっ!ここは勝負どころ…」(ロボの視線を感じる)

ZERO「着順の影響が大きい局面だ!」

ZERO「…ねぇめんどくさいんだけどw」

ロボ「いや好きに言ってもらっていいですよ」

 

なんかいちいち面白くてツボでした。

 

 

オマケ2

 

この日話題になったのは、萩原プロの初解説だ。

どうなることかと少し不安だったが、ファンや選手…ひいてはMリーグを大切にしていることがひしひしと伝わってきて、とても好印象だった。

麻雀に関しては見落としも多く、コバミサとの連携がうまくいってないなど、細かい部分で問題はあったものの、そんなものはもとから期待していないし、ぶっちゃけどうでもいい。

思い思いに萩原プロが自分の考えていることを語ってくれ、非常に面白かった。もとより声はいいし、会話のリズムもよくて聞き取りやすい。視聴者数やコメント数もいつもよりかなり多かった。これからもMリーグを盛り上げてほしく思う。

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

 

(C)AbemaTV