見るもの全てを唸らせるMリーガー本日の“神プレーBEST5”【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

見るもの全てを唸らせる

Mリーガー本日の

“神プレーBEST5”

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2019年1月10日

謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年も精一杯記事を書いてまいりますので、皆様よろしくお願いいたします。

 

では、早速対局に参りましょう。年末年始のMリーグ休止期間を挟み、さらにはパブリックビューイングもあったからでしょうか、昨日の対局はいつにも増して素晴らしい打牌が随所にありました。そこで、今回の記事は選手1人にスポットを当てるのではなく、5人の選手による5つのナイスプレーを取り上げたいと思います。

 

 

①村上選手のリーチ手順(1戦目東1局)

開局親番 、村上の配牌がこちら。

村上はこういう「そこまでよくない、仕掛けの効かないメンツ手」をリーチにまで持っていくのが非常に上手いプレイヤーだ。

その秘訣として、ここから3巡目まで、

村上は、真っすぐに字牌を切り出していく。自ら率先して役牌を潰していき、なるべく仕掛けのない状態で門前勝負に持ち込もうというのが狙いだ。

村上が「第一打に他者のダブを切っていく」というのは有名な話だが、それも同じように「他家に有利に働く役牌を、重ねられる前に積極的に切る」というのが目的だろう。

もちろん、123の三色が見えるや、引きで活きてくるはしっかり手の内に残す。このように数牌中心の手組をすることでツモによる有効牌は多くなる。

しかし、朝倉と多井に仕掛けが入る。村上の手はそこまで早くない。間に合うだろうか…

8巡目の村上、

ここから打とする。序盤は数牌を目いっぱい広げていくが、中盤に余剰牌を持っていると放銃のリスクが高まってしまう。村上は、中盤をスリムに構えることで、仕掛けなどの他家の攻撃に対しての放銃を未然に防いでいるのだ。


10巡目にを引いてこの形になったが、

が2枚切れていることから、我慢して打

そして、

が重なった。ここは、

ビシッ!とション牌のを切った。仕掛けが2件あるとはいえ、勝負出来る手格好になったら堂々と向かっていくのが村上のスタイルだ。そして、

 

「リーチ!」

凛とした声が会場に響きわたる。村上はさほどよくなかった配牌を、赤2枚使った待ちの良形リーチに見事仕上げた。

自分のすべき手順は、全てやりきった表情だ。

 

しかし、

満貫テンパイの入っている朝倉も無筋を勝負してくる。

さらに、

一度は迂回した多井も、粘り強く交わし手を入れている。

アガったのは…

 

「ツモ!」

村上だった。高めのドラをツモりあげ、

裏がなんと3枚乗った。8000オールだ。

去年はチーム自体が好調の中、なかなかトップが取れずに歯がゆい思いもしたであろう村上。このアガリで溜飲がさがってホッとしたように見えた。

その後も、自分が高打点の時は積極的に攻め、逆に手が悪い時はしっかり安全牌をキープするなど、攻守にメリハリのある麻雀を打った村上。今年初戦、トップを飾った。

また、

対局が終わるや否や、試合中頻繁に咳き込んでいたことを詫びていたであろう村上。この誠実さも村上の魅力ではないだろうか。

この日は亜樹も喉の調子が悪そうだったし、萩原も体調不良で金曜日の解説がお休みとなった。

冷え込みが厳しくなった今日この頃、選手の方々は多忙だと思いますが、身体には十分気を付けてご自愛ください。

 

②朝倉の読みと押し引き(1戦目 東4局1本場)

 

この局は早々に多井が2副露。

これを受けた朝倉、

まずはこの手格好で少考。選んだのは…

。マンズは多井の仕掛けに危ないので、ピンズとソウズの比較。

1段目に全員がを切っていて、ピンズの下は物凄くよく見える。一方、は多井の副露と合わせて4枚見えで相当悪そうだ。

そのために悩んだが、タンヤオで仕掛けられることを優先して打とした。

平面なら悩むことのない何切るだが、これを考えるくらいにピンズが良く、またソウズが悪いと朝倉は読んだのだろう。

さらに巡目が進んだこの場面。

朝倉の選択は…

だった。はさらに1枚切れて5枚見えになっている。これだけが見えていると、それに挟まれているは非常に使いにくい。

場況が無いなら、というド真ん中の並びシャンポンはいい受けとは言い難いが、

「ある両面が場に多く切れていて薄い時、その両面ターツの並びシャンポンは強い受けとなる」

と言えるのだ。

これは以前弟(朝倉選手)に教えてもらった知識なのだが、この場を借りて紹介したい。

その後、

朝倉の狙い通り、この手格好の亜樹からが打ち出される。

これを朝倉がポンして、タンヤオ赤ドラのカン待ち。場況に即した見事な判断だ。

しかし、カンはドラ表示牌待ち。なかなかアガれない。終盤に持ってきたのが、

多井に通っていない。多井は前順にを手出ししている。

じっと盤面を見つめて、読みに入った朝倉。出した結論は、

プッシュ。通った。

このを押せた理由が知りたくて、朝倉にちょっと聞いてみた。長時間の試合とパブリックビューイング会場での応対があったあとにもかかわらず、答えてくれてありがとう。

朝倉「多井さんは、からを引いて、またはからを引いて、受けたことによってが打ち出された可能性が相当高いと読みました」

なるほど、前巡の多井の打は、ドラのを持ってきてシャンポンにしたか、朝倉に打ちにくいをもってきて迂回したか、そのどちらかが本線と読んだのだ。

実際に多井の手牌は…

この形だった。朝倉、恐るべし。

この局は、朝倉と多井の2人テンパイで流局。

自身の読みが当たっていたのを確認していた朝倉。親番が落ちた後も読みが冴えわたり2着キープ。「今年も緻密なプレイが見られそうだ」と見る者に期待を抱かせてくれる内容だった。

 

③滝沢の手順(2回戦 東4局2本場)

※2回戦の選手は、画像下をご覧ください。

 

親番で大量加点に成功した滝沢、

5巡目に早々とテンパイが入る。どうする…

ここは打ダマとした。沈んでいるときの親番では愚形でも積極的にリーチを打って子方にプレスをかける滝沢だが、点棒にも巡目にも余裕のあるこの親番は手がわりを待った。

すると、

ツモで打。さらに、

ツモで4面張に変化。

自信に満ち溢れた表情でリーチを打った。結果は…

ツモってなんと裏裏。4000は4200オールのアガリとなった。

このように良形リーチを基本とする美しい麻雀が滝沢の持ち味。この日は躍動するツモを、お手本のような綺麗な手順で生かし切って特大トップを決めた。

 

④小林の押し引き(2回戦 南2局)

 

激烈な2着争いとなったこの半荘。小林4巡目の手牌、

赤ドラドラのチャンス手だ。小林の選択は…

は裏目とはいえ手が進む牌だ。既にドラが2枚あって打点は見込めるこの手。が薄いこともあり、マンズを引いての落としコースも睨んだ一打だ。

次にを引く。どうする…

ここは打。リャンカンが残るとピンフが消えてしまう。枚数が心もとないとはいえ受け両面ターツ優先。

を引いてイーシャンテンに。打とすると…

親の白鳥がカンでチー。

小林が次に持ってきたのは、

はこの時点で5枚切れ。マンズが高い白鳥の河に対応して、と落とすか…

ここは強気に打。234着は大接戦。場に高くて不自由なマンズのカンチャンよりも場に安いピンズ両面を使った方がアガリに近いという判断だろう。

が白鳥に鳴かれず、ホッとしたのもつかの間、

たろうからリーチがかかる。小林のツモは…

ドラの。嬉しい。が、しかし浮いているはたろうのリーチに通っていない。考えた後、小林が選んだのは、


はもともと4枚切れている。この形にとってもを引けばテンパイだ。

一発の危険を避けつつ、にくっついたら危険度の低そうなを切っていく戦略か。

次にたろうがツモ切ったのは。これで小林は押し返せるか…

しかし、小林がつかんだのはアタリ牌の。しかも欲しいが滝沢に切られて無くなってしまった。踏んだり蹴ったりの展開だ。

と、思いきや、

次にたろうがツモ切ったこのを、

 

「ポン」

なんと小林がポン。

としてタンヤオのイーシャンテンとした。なるほど、が引けなくなった今、こうすればネックのターツを解消してアガリに向かえる。

にくっついたら放銃だが、

小林を引き入れて待ちのテンパイ!絶望的な状況からたろうに追いついた。

次に持ってきたのは、

を切ればタンヤオが確定するが…

小林も持ち前のコンピューターをフル回転させて計算だ。

ここはがたろうの河にあるので筋のを選択。両面がない分よりはの方が危険度は低い。

流局かと思われたド終盤、

小林がをツモりあげた。神ゴーと呼ばれたこの打ち回しによって小林は2着に。Piratesはギリギリのところで踏みとどまった。

と、好プレー連発の実に息詰まる熱戦だった。対局終了後のチームランキングがコチラ。

なんとABEMASが連ラスで6位になってしまった。しかし、決して内容が悪かったわけではない。詳しくは、もう一人の木曜担当ライター、真中記者の記事を読んでいただきたいのだが、私からも最後に1シーンを。

 

⑤白鳥の価値あるケイテン(南4局)

 

小林が既に2副露。

白鳥はこの形から、


小林に通っていないを止めて、打。点差を見ていただくと、白鳥は2000点を打つとラスになってしまう。役アリに取りたい気持ちを抑えて辛抱する白鳥の気持ちがモニター越しに伝わってくる。

さらに、

ここが稼ぎ時の大トップ目、親番滝沢からリーチが飛んでくる。

前巡にテンパイするものの、親に通っていないソウズを打たずに回った白鳥。

自身最後のツモ番で、

再びテンパイ。ソウズはも通っていない。

じっと場を見つめて、白鳥の出した答えは、

勝負だった。手の内から、たろうは、小林はが出てきた。ライバル二人はノーテンである可能性が高い。

二人ともノーテンだった場合、もしここで白鳥がテンパイを取れば、たろうとの差が4300点に開き、逆に小林とは10800点差に縮まる。特に小林との点差に関しては、供託のリーチ棒があるので次局白鳥が満貫をツモれば2着に浮上できるようになるのだ。

ピンズで通っていない牌も多い。よって、のワンチャンスで、しかもション牌のではなく場に1枚のを勝負。白鳥の持ち味である、シャープでクレバーな選択だった。

狙い通りに2件テンパイで流局。次局に逆転の望みをつないだ。

結果は、たろうにまくられてラスになってしまったが、内容的に悲観するものではないと感じた。

Mリーグ2018もいよいよシーズン終盤に突入する。どのチームがプレーオフに進出するか、まだまだ目が離せない。

 

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV