最善の先に見えた無情…もがき続ける渋谷ABEMASの苦悩【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

最善の先に見えた無情…

もがき続ける

渋谷ABEMASの苦悩

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年1月10日

 

2019年も10日が過ぎ、Mリーグも2019年の3日目を迎えた。

世間の人々も年始モードから日常モードへと戻ってきたような今日この頃。

MリーグではドリブンズとABEMASが今年初試合。ドリブンズは首位を固めるべく、そしてABEMASはプラス域に戻るべくポイントを伸ばしたいところ。

特にABEMASは是が非でも上位に返り咲きたいところだろう。

残り試合数はあと20試合弱。ここで少しでも稼いでおかないと、最終盤に熾烈な4位争いに巻き込まれてしまうことになるからだ。

そんな苦境のチームを救うべく、ABEMASはエース多井が先発で出場。

 

【第1試合】

東3局1本場。リードしている村上を追いかけるべく、親の多井は連荘して点数を稼ぎたい場面なのだが…

朝倉のリーチを受けながらも、最速の手順でリーチを打ったり…

(結果はアガリ牌をツモれず、2人テンパイで流局)

薄いと読んだターツをチーしてテンパイを組み、村上の親を流したり…

と、手順や判断は噛み合っているのだが、決め手がなかなかアガれない。

放銃していないのにツモで削られる、ABEMASファンにとっては嫌な展開だ。

そもそもドリブンズと風林火山は現時点でポイントを持っているため、リスクの高い勝負はまずしない。安い手なら降りて、チャンス手のみ狙っていけば良いのだから。

要は選択肢の時点でABEMASと差がついてしまっている。

さらに、今のABEMASの状況を表したような局面が、南3局だった。

このバラバラな手牌からをポン。

普段の多井なら、1枚目はスルーしてより打点や好形を追求していったはずだ。

「何が何でも連荘しなきゃいけない」という、多井の気迫が伝わってくる。

だがしかし、こののポンは見ている者の度肝を抜いただろう。

受け入れ自体は広がるが、雀頭を無くしてしまうポン。私の知る限り、多井がこんなポンをしている場面はほとんど見たことが無い。

気迫というより、焦りが前面に押し出されたような印象を受ける。

実はこのポン、朝倉がを打ってから発声までに少々間があった。

(画像は発声を聞いて慌ててツモ動作を止める村上)

最初からポンしようと決めていたわけではなかった。多井が迷い、もがき苦しんでいるのを表現するかのような、絞り出すトーンでの発声だった。

さらにを加槓して、必死にテンパイへと向かう多井。

手牌は思うように進まず…それでもアガリを目指して突き進む。

次巡に掴んだのは明らかに不要な、2枚切れの…もちろん躊躇なくツモ切った。

ところがなんと、これが朝倉のチートイツの当たり牌。

しかも加槓で増えたドラのせいで、6400の放銃となってしまった。

悲しみに暮れる多井。苦しい中でも最善に見える選択を取り続けたはずなのに、放銃に回ってしまう…麻雀とはなんと非情な競技だろうか。

オーラスのリーチも実らず、最終的に多井は大きなラスを引いてしまった。

その無念を晴らすべく、第2試合には白鳥が出場。ポイントを回復できるか?

 

【第2試合】

去年最後の試合では見事にトップを獲得した白鳥。アベマズの後退を食い止めるべく、親番で元気よくリーチを打っていく。

しかし、この5枚残りのアガリ牌は一度も顔を見せず、たろうが残り2枚のフリテン待ちをツモって親が流れるという展開に。

たろうのアガリ形を見つめる白鳥の表情は、どこか切なげに見える。

この場では冷静に振る舞っているが、心中では初日の出に向かって「なんでだよ!!」と叫びたい、そんな気分なのではないだろうか。

東4局1本場でも、配牌でイーシャンテンという素晴らしい手牌をもらったものの、好形のテンパイが全く入らずに横移動という憂き目に遭う。

そしてジリ貧のまま迎えた南4局。

満貫をツモれば同点2着という場面で、三色もタンヤオも崩れるこのテンパイ。

余裕のある状況なら、を切ってテンパイ外しという選択もあっただろう。

しかし、たろうも迫っているこの状況で、最も避けたいのはラスに落ちること。

白鳥は断腸の思いで切りリーチに踏み切った。

しかし、ラス目のたろうも黙っているはずがない。

をポンして、フリテンながらも条件を満たすテンパイを組む。

勝負は二人のめくり合いに持ち込まれたが…

「ツモ」

そう低く発声したのは、たろうの方だった。

たろうの掟破りのフリテンツモで、白鳥はラスに落ちてしまう。

渋谷ABEMAS、まさかの2連ラス。

ついにマイナスは200を超え、6位に落ちてしまった。

一時期の400ptから差し引きマイナス600ポイント。

多井も白鳥も、決して無謀な打牌はしていない。場面ごとに状況をしっかり見極め、最善と思える選択を取ってきたはずだ。

麻雀はどうしてもランダム性のある競技だから、最善の選択を取っていてもこういう事態は起こり得る。それは選手もよく分かっている。

だが分かっていても、実際にこういう展開になるとメンタル的にキツイものがある。そんな中でも、最善と思える選択を取り続けられるかが勝敗を左右する。

ABEMASの暗雲はまだ消えないのか?むしろ一回ド派手に、綺麗サッパリ爆発させてしまった方がいいのではないか?…

命の音(カウントダウン)を解放(リリース)させてくれるような、そんな打ち手がどこかにいないのか?

今この現状を見て、最ももがき苦しんでいるのはABEMASの選手達自身だろう。

1人のMリーグファンとしては、終盤戦での追い込みに期待しつつも、焦らずにじっくり腰を据えて戦う姿を再び見たいというのが本音である。

 

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV