PV会場が一時騒然!鈴木たろうのえげつない差し込みに観客がざわついた夜【熱論!Mリーグ/FS第3節】

を切ってのシャンポンにするか、を切ってカンにするか。

しかしはドラ。

ん?はそういえばポンしてるぞ??

松本は第三の選択肢を加カン!!!

PV興奮度100%!!!!

PV会場の興奮は最高潮だ。

そして・・・

うおおおおおお!!!!

PV興奮度120%!!!!!

どうしてもアガリたい手、苦しいながらも機敏な仕掛けで見事にアガリ切った松本に、敵チームのファンからも大きな拍手が送られた。

こういうのはPVならではのいい光景だと思った。

松本のアガリで苦しくなったのが親かぶりの寿人。

しかも第2戦は悔しい4着で連続でラスは引きたくない。

そんな寿人、続く南1局でドラアンコの手をリーチ!!

そしてすぐに・・・

安めだけど赤なら関係ない!

うれしい3000/6000のツモアガリ!

麻雀格闘倶楽部ファン興奮度120%!!!!!

やはり高いアガリが出ると盛り上がる。

各選手それぞれ見せ場があり、非常に盛り上がった半荘になった。

あとは誰がトップになるか見届けよう。

そういう雰囲気だった。

その空気を一変させたのがこの男、鈴木たろうだ。

南3局

アガリやすそうなイーシャンテンだったのだが、を引いてきてリャンシャンテンに一歩後退。

PV会場もざわつく。

「え・・・?」

「何で??」

次巡ツモが分かっていたかのようにツモ

「いやいやいや」

「うますぎる!」

字牌のシャンポンは確かにアガりやすいのだが、テンパイまでに切られてしまう可能性も高いし、リーチをかけなければならない。

もし押し返されてめくり合いになってしまったら、字牌だろうがなんだろうがシャンポン待ちはシャンポン待ち。

枚数は少ない。

それならばダマでアガれるピンフを狙おうという1打だ。

これにはPV会場からも感嘆のため息が聞こえてきた。

そして狙い通り・・・

松本からを仕留めた。

そしてオーラス

3着までわずか300点の松本。

マンガンツモなら2着に上がるが、なんとしても3着を!ということで仕掛ける。

メンゼンなら高打点の狙える手だったが、隙を見せない。

を切って2000点のテンパイ

すぐにたろうも追いつく

123の三色で仕掛けられれば・・という手牌だったが、メンゼンでテンパイ。

当然のダマで交わしにいく。

しかしこのまま楽には終わらない。

ラス親の寿人が苦しい待ちながらを切ってリーチ!!

麻雀格闘倶楽部ファンの盛り上がりはピークに!!

しかしそんな空気を一瞬にして変えたのはまたしてもたろうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!