園田、寿人、白鳥、3者の猛攻を受け切ったEX風林火山・勝又健志の「未来予知」【熱論!Mリーグ/FS第6節】

熱論!Mリーグ【FS第6節】

園田、寿人、白鳥、

3者の猛攻を受け切った

EX風林火山・勝又健志の

「未来予知」

文・ゆうせー【FS第6節担当ライター】2019年3月3日

 

ファイナルシリーズ第6節

 

 

“タンッ”

気合のこもった勝又の第1打ダブで、この試合の幕は開けた。

続く第2打は

2メンツ目が完成した第4打目、勝又は流れるようにを手出しした。

さて、ここまで一連の勝又の河に注目していただきたい。

第1打にダブを切り、2打目にを手出し、4打目にはを手出し。

他者の目にはどう映るだろうか。きっと、

「ダブや、ド真ん中の牌がもういらないのか…早そうだな…」

という考えが頭をよぎるはずだ。

勝又は特に親番で、いけそうだ!と感じる手のとき、このようにストレートな進行を見せつけて他家に自分のことを意識させるのが得意だ。

第1打にを選ぶ打ち手も多いと思う。しかし、ここはあえて第1打にダブを切ることによって注目を集めるのが狙いだ。

それを受けた園田、

4巡目にこの手格好から、

 

としている。これは、を両方手に置いての進行が、勝又に対して危険だとの判断からだろう。

続いて、勝又は6巡目にを引き入れる。を引けば三色ドラ1、が重なればピンフドラ1、とパッと見の印象よりも役アリテンパイとなる受け入れが多い、魅力的なイーシャンテンだ。

この手出しによって、他家の緊張がさらに高まる。

7巡目の白鳥、

この手牌で少考したのち、

 

を切った。自分の手牌としては、を残しておけば引きで678三色のルートが残る。しかし、は上家の勝又にいかにも危険だ。比較的安全なを手に置いて、の切り遅れを避けた。

このように、他家への危険察知能力の高いMリーグの場では、「親が早そうだ」というメッセージを送ることによって、手を曲げさせる効果も期待できる。

中盤にをつかんだとき、勝又にダマテンが入っている可能性と、自分のこの手の価値とを慎重に比較する園田。自身のアガリを追ってここはを切った。

もし、園田の河に並んでいる4巡目のが手に残せていたら、8巡目にのメンツを完成させて待ちのリーチを打っているという、また違った世界線があったかもしれない。

親の勝又の河が発するオーラによって、子方が攻めあぐねる格好となった。

その間隙をぬって、