園田、寿人、白鳥、3者の猛攻を受け切ったEX風林火山・勝又健志の「未来予知」【熱論!Mリーグ/FS第6節】

熱論!Mリーグ【FS第6節】

園田、寿人、白鳥、

3者の猛攻を受け切った

EX風林火山・勝又健志の

「未来予知」

文・ゆうせー【FS第6節担当ライター】2019年3月3日

 

ファイナルシリーズ第6節

 

 

“タンッ”

気合のこもった勝又の第1打ダブで、この試合の幕は開けた。

続く第2打は

2メンツ目が完成した第4打目、勝又は流れるようにを手出しした。

さて、ここまで一連の勝又の河に注目していただきたい。

第1打にダブを切り、2打目にを手出し、4打目にはを手出し。

他者の目にはどう映るだろうか。きっと、

「ダブや、ド真ん中の牌がもういらないのか…早そうだな…」

という考えが頭をよぎるはずだ。

勝又は特に親番で、いけそうだ!と感じる手のとき、このようにストレートな進行を見せつけて他家に自分のことを意識させるのが得意だ。

第1打にを選ぶ打ち手も多いと思う。しかし、ここはあえて第1打にダブを切ることによって注目を集めるのが狙いだ。

それを受けた園田、

4巡目にこの手格好から、

 

としている。これは、を両方手に置いての進行が、勝又に対して危険だとの判断からだろう。

続いて、勝又は6巡目にを引き入れる。を引けば三色ドラ1、が重なればピンフドラ1、とパッと見の印象よりも役アリテンパイとなる受け入れが多い、魅力的なイーシャンテンだ。

この手出しによって、他家の緊張がさらに高まる。

7巡目の白鳥、

この手牌で少考したのち、

 

を切った。自分の手牌としては、を残しておけば引きで678三色のルートが残る。しかし、は上家の勝又にいかにも危険だ。比較的安全なを手に置いて、の切り遅れを避けた。

このように、他家への危険察知能力の高いMリーグの場では、「親が早そうだ」というメッセージを送ることによって、手を曲げさせる効果も期待できる。

中盤にをつかんだとき、勝又にダマテンが入っている可能性と、自分のこの手の価値とを慎重に比較する園田。自身のアガリを追ってここはを切った。

もし、園田の河に並んでいる4巡目のが手に残せていたら、8巡目にのメンツを完成させて待ちのリーチを打っているという、また違った世界線があったかもしれない。

親の勝又の河が発するオーラによって、子方が攻めあぐねる格好となった。

その間隙をぬって、

勝又が12巡目にテンパイを入れる。待ちでリーチだ。

 

寿人の追っかけリーチを受けながらも、勝又は力強くをツモりあげた。

2600オールのアガリ。

親番の特性をうまく活かし会心のアガリを決めた勝又。微塵も浮かれることのない冷静な面持ちが印象的だった。

東2局2本場

この局、まず動いたのは園田だ。

オタ風のをポンして、

のドラ含み両面ターツを払いにかかった。ホンイツの高打点を見据えながら、南家であることを活かして親をやりにくくさせたり、他家の仕掛けを誘発して打点を下げさせたりするのが狙いか。

このとき親番の白鳥は、

この整った手格好だった。ここはぶつける構えだ。

中盤過ぎにメンタンピン高目ドラ1のリーチがかかる。

手があまり進まなかった園田は、白鳥のリーチを受けてを切っていく。白鳥の一人旅か…

と、ここまで園田と白鳥が注目を浴びていたが、そういえば勝又は何をしていたのだろうか?

この局のはじめに戻って、勝又の手牌進行を見てみよう。

第1打に端牌のを切って、2巡目のここは、

役牌3種類を残してを切った。ドラもなくタンヤオやピンフもすんなりとは狙えないこの手。攻守ともに役牌の重なりは嬉しいところだ。

その後、園田がオタ風のをポン。勝又は次の手番で、

スッとを1枚外し、

次巡にまで払い切った。園田の仕掛けに即座に対応した形だ。

園田の手はマンズのホンイツが濃厚なことから、勝又自身のマンズブロックを1つに固定。を園田に絞りながら、字牌が重なったり、自然に切れるような展開になったりしたときだけテンパイを狙おうという構えだ。

次巡、

下家の親、白鳥の手出しが入ったこの場面。勝又は何を切るのだろうか?良ければみなさんも一緒に考えていただけるとありがたい。

勝又が切ったのは、

だった。字牌はこの手格好からは園田に打ちづらい。

白鳥の手出しが入ったことから、が急所として白鳥に鳴かれることはなさそうだ。今ここでのブロックを、危険なを先として丸ごと落としていくことで、安全牌を持つスペースを作り出して後の守備力を高めるのが狙いだ。

そのようにガードを固めながら、ものすごく都合のいいツモをしたときは、字牌を使った、

「マンズ1ブロック、字牌1ブロック、ソウズ3ブロック」

もしくは、

「マンズ1ブロック、字牌2ブロック、ソウズ2ブロック」

の、滑り込みテンパイもみているのだろう。確かに、形としてもソウズとマンズよりは、ピンズの方が払いやすい。

とはいえ、なかなかに手をかけることは出来ない。私もあたりでお茶を濁してしまいそうだ。

「麻雀IQ220」と呼ばれる勝又にふさわしい、何手先をも見据えた聡明な一打だった。

ピンズを払い切りながらも、ドラのを手牌に収める。ひょっとしたらテンパイが組めるかも…という格好になってきたうえ、重なったは単騎以外に当たらず手牌の守備力もキープすることに見事成功した。

ここで、親の白鳥からリーチが飛んでくる。この手格好ならがあるので安心だが、

仮にを手に残していた、

の牌姿だったら、リーチの声にゾッとしていたに違いない。

お…?自風のがアンコになった。

ドラもスムーズに使えるようになった。

そしてズバッとツモ!を切れば手広いイーシャンテンだが…

勝又が選んだのはだった。が誰にも通っていないこともあるが、が全てリーチに対しての危険牌であるため、アンコで両面ターツが縦に重なってアタマが出来たときには数牌も1枚勝負しないといけない。

を切っておいて、を引いてテンパイをしたときには切りテンパイという道を残し、

「先にを勝負してからさらに数牌1枚勝負」

という2枚押しルートは、リスクを考慮して避けた格好だ。

すると、

白鳥がをツモ切る。これで勝又もを切ることが出来る…

と思った矢先に、勝又にテンパイが!

ここはイーペーコードラ1のダマを選択。はリーチ者の現物で、しかも勝又はと並べていてほぼノーマークだ。確実にアガリをものにするため、ここはジッと息を潜めた。

だ…!

勝又「ロン」

(…ん?)

思いもよらぬ発声に、園田も驚きの眼差し。

親リーチをひらりとかわす、2600は3200のアガリ。

この局の終盤は気配を消して、誰の目にもオリているようにしか見えなかった勝又。このような展開を見越して中盤に危険牌を先打ちするという、勝又の「未来予知」能力が生み出したまさにウルトラCのアガリだ。

東3局

ここまで我慢していた寿人にチャンス手が入る。

2巡目でこの形。寿人はチートイツにこだわらず打とした。こうしておけば、が残っても先切りしてある良い待ちのリーチ、が残っても切りのダイレクトトラップ(もろ引っ掛け)含みのリーチと、いずれにせよアガりやすいリーチが打てる。

しかし、この手がなかなかテンパイしない。

10巡目に、ドラのをツモるも、音速でツモ切り。

このドラに、白鳥からポンの声がかかる。を切ってイーシャンテン。

さらに、園田からも鳴けて、待ちのテンパイが入った。ここは白鳥、是が非でもアガりたいところだ。

しかし、このメンツ、簡単にアガらせてはくれない。

園田が絶好のを引き入れて親リーチ敢行。待ちは奇しくも白鳥と同じ

この時点でごっそりいただが、二人ともなかなかツモれない。

そうこうしているうちに、

寿人がをつかんだ。この手格好からは出ないか…

次巡、

寿人、もう1枚を引いて現物の打

さらに次巡、

どんだけおるねん! 3連続を引いて、二人に追いついた!

さぁ、3人でめくりあいだ。

…ふと気づけば、勝又の気配がここまで完全に消えているのだが、この局はどう立ち回っていたのだろうか。再び巻き戻って見てみることにしよう。

とんでもなく悪い配牌だ… ここは打とした。

ここまでバッラバラだと我々ならやる気がなくなってしまうところだが、勝又は自身の最善を尽くそうと、ここでも未来を予見しつつ進める。

3巡目に南を重ねて打。手が悪いからと言って、真ん中から切ってしまうと弊害も多い。

1、ケイテンをとるのが難しくなる。

2、他の人に鳴かれてしまう。

3、オリているのが他家にバレバレになってしまう。

を重ねたここは、ドラ表示牌のを活かすことができたら、

「字牌2ブロック、ピンズ1ブロック、マンズ1ブロック、ソウズ1ブロック」

または、

「字牌1ブロック、ピンズ1ブロック、マンズ1ブロック、ソウズ2ブロック」

のテンパイが狙える。もちろん、数牌の伸びによっては他のパターンもあるだろう。

守備面で大事な字牌はキープ。しかし、あからさまにド真ん中から切らないことでまだこの局は参加しているように見せながら、勝又は手を進めていく。

5巡目はを残して打。これは全員ソウズの下を切っておりの方がメンツになりやすく、また、よりの方が安全度が高いからである。

6巡目はを残して1枚切れのを切った。は2人の現物。これも周りがよくカンは埋まりやすいこともある。

このように、勝又は一打一打丁寧に比較して残す牌を決めている。

また、河をみると、特段オリているようには見えない。それでいながらも、手牌には字牌を中心にガッチリ守備力はキープ。そして、都合のいいツモをしたときにだけテンパイが組める最低限のブロックは残している。

こんな悪い手牌でも表情を変えず、淡々と打牌を繰り返していく勝又。

私は思った。

先ほど「気配が消えている」と述べたが、対局を観ていて気配が消えているということは、危なげがないということではないだろうか。

白鳥のドラポンと、園田のリーチが入ったときの勝又の手格好がこちらだ。字牌がたっぷり、字牌以外もマンズピンズソウズ偏りなく持っており、手詰まりとは無縁の牌姿だ。

「これはオリきれそうだ」

パッと見てそう感じるからこそ、我々はつい、勝又の動向に意識がいかなくなってしまうのではないか。

一方で、スレスレのテンパイもみながら、またベタオリを見破られないようにしつつ、中盤にこの守備力を保つのは並大抵のことではない。勝又のバランス能力の成せる技であろう。

さて、この局の結果は…

終局間際、園田がをつかんだ。

寿人の5200のアガリとなった。

この後も、園田と寿人の大物手が飛び交う展開となったが、勝又は終始安定した試合運びを見せ、

南3局に、

を鳴いて500-1000のアガリを決める。これは、オーラスに園田が満貫をツモっても届かなくなる、大きなアガリだ。

そして、オーラス1本場、トップへの条件が厳しくなった園田の2着キープのアガリで、6戦目は幕を閉じた。

EX 風林火山・勝又がファイナルシリーズの初勝利を挙げた。

勝利インタビューでは、

「レギュラーシーズンの最終戦で4着を引いてしまい、チームに迷惑をかけてしまった。なんとか取り返したいと思っていた」

と、語った勝又。東1局の気迫のダブ東切りは、チームへの想いがこもっていたのだろう。

首位ドリブンズとの差はあってないようなもの。

ファイナルシリーズ優勝という「未来」が、

勝又には、そしてEX風林火山にはハッキリと予知出来ているに違いない。

 

舞姫はほくそ笑む…卓上に仕組んだ恐るべき「二階堂亜樹ブランド」【熱論!Mリーグ/FS第4節】

供託ドロ…改め「供託の貴公子」白鳥翔がもっとも光り輝く場所【熱論!Mリーグ/FS第5節】

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV