滝沢、たろう、白鳥、前原、絶妙な仕掛け手順&守備&粘りこみが織りなす卓上のスペクタクル!【熱論!Mリーグ/FS第7節】

熱論!Mリーグ【FS第7節】

滝沢、たろう、白鳥、前原、

絶妙な仕掛け手順&守備&

粘りこみが織りなす

卓上のスペクタクル!

文・masasio【FS第7節担当ライター】2019年3月9日

 

3月に入り、ふと日の長さを感じるようになった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

寒さは少し和らいできたものの、今度は新たな敵「花粉」の季節が到来だ。

12月、1月の頃はインフルエンザで対局に出られない―という選手も出てしまった。

花粉症で試合に出られない―

ということはないだろうが、集中力という意味ではかなり影響が出ると思われる。

選手の皆さんにとっては卓上だけではなく卓外の敵にも気を使わなければならないが、体調に気を付けていただきベストなパフォーマンスを見せていただきたいと思う。

それでは早速試合を見ていこう。

ファイナルシリーズ3日目第1試合の模様をお送りします。

ポイント状況はこちら

ドリブンズ風林火山のデッドヒート!

ファイナルシリーズは全て直接対決になるので、最後まで分からないのは間違いないが、

下位チームはこれ以上離されないようにしたいところだ。

組み合わせはこちら。

アベマズはレギュラーシーズンで個人最下位という結果に終わった白鳥翔を3連続で起用してきた。

2日目の第2試合では針の穴を通すようなトップを取った白鳥。

内容も上向いているとの判断か。

ファイナルシリーズに入って絶好調の鈴木たろうと、レギュラーシーズン2位の滝沢和典相手にどういう戦いを見せるかに注目したい。

試合は東1局から大きく動く

白鳥が4巡目にダブを暗刻に。

そしてここから打

役牌を重ねて、にくっつけてのアガリが理想の一つ。

丁寧に進める。

そして望外のをチー!

ここで切るのはだ。

一見不要なを切りたくなるが、上家のたろうはまで切っており、ピンズは使えないように見える。

にくっついたときにアガリやすくなるし、もしこのままテンパイして最後にを切るとどうしてもの周りが危険に見えてしまう。

そういう効果もあるだろう。

何気ないところだが実に白鳥らしいなと感じた。

さらにこのも・・・

当然のツモ切り

をポンして・・・

狙い通り切りテンパイ。

3巡前に2枚切れのを切ってまで残したは手牌の関連牌の可能性が高い。

トイツが濃厚だろうか(たろうのをポンしていないが、を仕掛ける前なので鳴いてなくてもおかしくはない)