トップの座、頂戴します!強面特攻隊長・松本吉弘の実は“繊細”な取り立て劇場【熱論!Mリーグ/FS第8節】

熱論!Mリーグ【FS第8節】

トップの座、頂戴します!

強面特攻隊長・松本吉弘の

実は“繊細”な取り立て劇場

文・真中彰司【FS第8節担当ライター】2019年3月9日

 

流れる季節の真ん中で、ふと麻雀の不可思議さを感じる日。

Mリーグのファイナルシリーズは全日程の3分の1を終えようとしていた。

7戦を終えた時点で、ポイント状況は上下にハッキリと二極化。

このまま風林火山ドリブンズのデッドヒートになるのか?それともアベマズ・コナミが優勝争いに割って入るのか?

出場選手は画像の通り。7戦目にトップを獲った風林火山は滝沢和典が連闘し、他3チームはメンバーチェンジする形となった。

なんとしてもポイントが欲しいアベマズは、ここで特攻隊長・松本吉弘を送りだした。

最年少ながら、チームがピンチの場面で幾度となく結果を残してきた。

取り立て屋とも言われるその手腕で、チームに勝利を届けられるか。

 

試合は東1局から滝沢と村上淳がリーチを打ち、激しいめくり合いに。

上位2チームの直接対決となったが、ここは村上に軍配。滝沢から2900を討ち取る。

ドリブンズとしては上々の滑り出しだ。

しかし滝沢も親番で平和一盃口のリーチを打ち、高目をツモって4000オール。

放銃してもすぐに立て直す、風林火山の凄まじい安定感。

この牙城を完全に崩せるチームなんているのだろうか…?

しかし東2局1本場、ついに特攻隊長・松本が立ち上がる。

単に親を流すだけならヤミテンでも十分だが、アベマズとしてはとにかくトップが欲しいため、リーチで更なる打点アップを狙いに行った。

裏ドラは乗らなかったが、滝沢のリーチ宣言牌を捕えて2600の出アガリ。

ギリギリで滝沢の連荘を阻止し、独走を許さない。

すると親番では勢いよく一発ツモで4000オール。

完璧なタイムリーヒットを放ってトップに躍り出た。

このまま逃げ切って、なんとかチームにトップを届けたい…

そう思った矢先の展開だった。

2度の流局を挟んで東4局3本場

供託2本も欲しいところだが、2枚切れのを安全牌に残し、一気通貫を見ながら手牌を組んでいく。

そこに滝沢からリーチがかかる。待ちはなんと、地獄単騎の

チートイツで待ち頃の牌になり得るような端牌や字牌を先に切っているため、字牌単騎で当たるような河には見えない。

まさに掴んだ者は地獄行きの、恐ろしいリーチだ。

ちょうどイーシャンテンになったことも災いして、松本が一発で放銃。

裏ドラは乗らなかったが、6400点の放銃となってしまった。

「え、これが当たるの!?」

が当たるとは思っていなかったのか、アガリ形を見て数秒固まる松本。

このまま自由自在な滝沢に独走を許してしまうのか…

 

しかし、それでも松本は諦めなかった。

多井の負担を少しでも減らすため、そして白鳥とハイタッチを交わすため…

滝沢の切ったに間髪入れず喰らい付いていく。

ドラのが対子だが、親の滝沢に連荘されては勝負が決まってしまう。

打点よりも速度を重視して積極的に仕掛けていった。

滝沢から高目7700の親リーチが入っても…

「このリーチだけは、絶対に蹴らなきゃいけない」

一度行くと決めた松本に迷いは無い。をポンして無筋を切り飛ばす。

壮絶なめくり合いの末、アガリを手にしたのは…

松本だった。滝沢の待つはほとんど山に残っていなかったのだ。

3900点でOKと思って仕掛けたつもりが、僥倖のロンで8000点に。

最高の形で滝沢から点棒を取り立てることができた。

そしてここからの選択が非常に慎重だった。

南3局の親番、この平和・赤1の絶好のでリーチするかと思いきや…

まさかのカンの役無しヤミテンに構えた。

これだけみると何が何だか分からないが、実は村上がをポンしている。

更にソーズやピンズの中張牌から切り出して、非常に派手な河をしていたのだ。

チャンタかマンズの染め手に見えるこの河に対して、は超危険牌。

松本から見ると、2000点を放銃すればオーラスで滝沢と9700点差になり、満貫ツモで逆転されてしまう危険性がある。

「ここは絶対に放銃できないな

点数を稼いだ大トップも勿論欲しい。

しかし、まずは目の前のトップを死守することが自分の役目。

先程のカンヤミテンは、トップ死守と加点の可能性をギリギリのバランスで考えた上の瀬戸際の一打だったのだ。

結果的にこの局はテンパイで流局し、親権は維持できた。

すると、続く南3局1本場で村上から9600点の取り立てに成功。

トップを足固めして、更なる連荘の可能性を探る。

南3局2本場では、村上のリーチを受けた直後にテンパイするが…

ここは十分な点差と判断したのか、村上の現物を切ってオリに回った。

視聴者からすれば、消極的な選択に見えるかもしれないが、それは結果論である。

チームにトップを届けたいという一心で、安全に局消化することを選択しただけだ。

何とかオーラスに辿り着いた松本だが、ここで最後の敵が立ち塞がる。

ここまで息を潜めていた魔王・佐々木寿人だ。

 

村上のリーチも、松本の必死の仕掛けも掻い潜り…

豪快にドラをツモって4000オール。

「俺を忘れてもらっちゃ困る」と言わんばかりの追い上げだ。

このまま寿人の逆転劇か…と思われたが、反撃はここまで。

最後は松本が力強く役無しのアガリ牌を手繰り寄せ、値千金のトップを獲得した。

「PVに来てくださるファンに恩返しができて良かった」と、ファンの人気もしっかり取り立てていくその姿は、爽やかで逞しい。

こうしてアベマズの特攻隊長は、見事に役目を果たして生還した。

繊細な押し引きで、見事チームにトップを届けるその姿は、まさに敏腕取り立て屋。

アベマズはまだまだ終わっていない。特攻隊長の切り開いた道の先には、優勝の2文字が燦然と輝いているはずだ。

 

滝沢、たろう、白鳥、前原、絶妙な仕掛け手順&守備&粘りこみが織りなす卓上のスペクタクル!【熱論!Mリーグ/FS第7節】

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV