村上淳、期待値を稼ぎに稼いだ!! 監督へのバースデープレゼント!!

村上淳、
期待値を稼ぎに稼いだ!!
監督へのバースデープレゼント!!

3月23日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その5日目1回戦は、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
7万9900点という大量得点で、越山監督への最高のバースデープレゼントとなった。

対局者は、
EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、
そして村上。

並びは、多井・二階堂・村上・佐々木。

東2局に3000・6000、東3局に4000オールと村上のスタートダッシュで始まったこの半荘。

待ったをかけたのは、後のない渋谷ABEMASの多井。
東3局1本場には村上から8000、次局には村上から3900の直撃で追走する。

しかし、村上のショータイムはこれからだった。
南3局、村上はを仕掛けて赤入りのピンズのホンイツをテンパイ。
待ちはのシャンポン。どちらが出ても小三元の18000だ。
これに追いついた多井。を雀頭にしたはいいが、リーチ宣言牌が
この18000で勝負は決し、村上は一時は8万点オーバーという大量得点でトップをものにした。

村上は勝利者インタビューで、
「最初から最後まで手が入ったので、誰でもトップが取れると思います。結構早くに先発を言い渡されていたので、体調管理には気をつけました」
と謙虚に語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)  7万9900点/+99.9
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)1万4100点/▲5.9
3着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟) 1万2500点/▲27.5
4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) ▲6500点/▲66.5

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +389.9(13/24)
2位 EX風林火山 +178.3(13/24)
3位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲60.6(13/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲259.1(13/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする