近代麻雀プレミアリーグ後期第6節A卓レポート

2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート
後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳滝沢和典鈴木たろう和久津晶の8名となった。
第6節A卓は、起家より小林・寿人・たろう・滝沢の並びとなる。
465d4bde1a2e146d722e826b7f19fa97a777e121いよいよ残りは3節。予選終了まで各自半荘3回の対局を戦うことになる。プラス組は大過なく終えたいし、逆にマイナス組は何とかボーダーラインまでポイントを戻したい。この立場の違いが今回は如実に出た半荘となった。
まず先行したのはたろうである。
500fda2cd150f8972e11daf671b7bd99acf93414東3局1本場。親のたろうがこのアガリを決める。de07e66a9e1d969eda17f6a27f024ad02af60487リーチ・ツモ・タンヤオ・裏1で親満。この半荘もトップになればボーダーライン目前となるたろう。このリードを生かしさらなる加点を目指していた。

つづきはコチラからご覧ください。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です