優勝は池沢麻奈美プロ!!「麻雀最強戦2016プレミアトーナメント・修羅の道」





日本で一番麻雀が強いものを決める戦い、麻雀最強戦のファイナル出場枠を賭け新たなトーナメントが新設された!それが「麻雀最強戦2016プレミアトーナメント」。
4ヶ月に渡り毎月1回行われるこの大会は、各回ごとにテーマが設けられ、そのテーマに沿った雀士が登場しナンバー1を争う。そしてその優勝者が集まり決勝戦を行い真の「プレミアトーナメント優勝者」が決まる。優勝者にはプレミアトーナメント優勝の称号と賞金、そして12月11日に行われる麻雀最強戦2016ファイナルへの出場権も与えられる。

【出場者】
【A卓】渋川難波(野口賞)、石井一馬(王位)、中嶋和正(發王位)、二階堂亜樹(トライアスロン)
【B卓】山口大和(日本オープン)、白鳥翔(マスターズ)、忍田幸夫(将王)、池沢麻奈美(野口賞)

A卓からは中嶋和正・渋川難波が勝ち上がり、B卓からは池沢麻奈美・忍田幸夫が勝ち上がった。

比較的穏やかな東場を終えて、

中嶋 27,700点
忍田 27,300点
渋川 15,700点
池沢 29,300点

という僅差(並び順)。

迎えた南1局、中嶋の親番は池沢が500・1000のツモアガリで流す。

南2局、渋川が3巡目にピンフのみの手をテンパイ即リーチ。

一発ツモでウラを1枚乗せて2000・4000。

ラス目の渋川のアガリによって、点数はさらに僅差へ。

南3局、親の渋川にドラドラの手が入るが、渋川の仕掛けに対応してた池沢が食い三色のノミ手で場を流す。

南4局、点棒状況は

中嶋 24,700
忍田 22,800
渋川 22,200
池沢 30,300

というまれにみる大接戦。

5巡目に池沢がドラのman5-66-90-s-embをアンコにして、役無しテンパイをリーチ。これに渋川がまっすぐ打って一発で放銃。ウラが1枚のって18,000の放銃となり、池沢麻奈美が決勝戦を制した。

結果

中嶋 24,700
忍田 22,800
渋川   4,200
池沢 48,300





  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です