優勝は藤崎智プロ!!「麻雀最強戦2016プレミアトーナメント・豪傑大激突」

日本で一番麻雀が強いものを決める戦い、麻雀最強戦のファイナル出場枠を賭け新たなトーナメントが新設された!

その名も「麻雀最強戦2016プレミアトーナメント」。 4ヶ月に渡り毎月1回行われるこの大会は、各回ごとにテーマが設けられ、そのテーマに沿った雀士が登場しナンバー1を争う。

そしてその優勝者が集まり決勝戦を行い真の「プレミアトーナメント優勝者」が決まる。

優勝者にはプレミアトーナメント優勝の称号と賞金、そして12月11日に行われる麻雀最強戦2016ファイナルへの出場権も与えられる。

第3弾のテーマは「豪傑大激突」。

手役のスペシャリストたちが、大物手同士の大激突を見せる!

【出場者】
【A卓】瀬戸熊直樹藤崎智滝沢和典、望月雅継
【B卓】小島武夫、森山茂和、鈴木達也、加藤哲郎(プロ野球解説者)

A卓からは藤崎智滝沢和典が勝ち上がり、B卓からは小島武夫・森山茂和が勝ち上がった。

決勝は起家から、森山・滝沢・藤崎・小島の並びでスタート。

対局は豪傑対局らしからぬおとなしい展開で、東場は点差がつかずに南入。

しかし一転して南1局、親の森山が5本場まで積む猛連荘、5万点オーバーまで稼ぐ。

このまま森山の優勝かと思われたがさにあらず、事件は起こる。

南1局5本場、小島の2巡目リーチに森山が後筋のman7-66-90-s-embを切ると、なんと純チャン三色ペンman7-66-90-s-embの12000点の直撃をくらい、3万点台に引きずり下ろされる。

そして我慢に我慢を重ねていた麻雀忍者こと藤崎が、親番で678の三色ドラドラを滝沢から討ち取り、裏ドラを乗せて18000! これで一躍トップに躍り出る。

sou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embji2-66-90-s-embji2-66-90-s-embman6-66-90-s-embman8-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-emb ロンman7-66-90-s-embドラji2-66-90-s-emb 裏ドラman7-66-90-s-emb

オーラスもji2-66-90-s-embを仕掛けてテンパイを入れた藤崎は、森山のリーチを受けるも小島から1000点をアガリ、優勝を決めた。

結果
森山 34,700
滝沢   ▲600
藤崎 39,500
小島 26,400

(文中敬称略)

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です