麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント「皮肉な下克上」観戦記【決勝卓編】がっぷり四つの大勝負で魅せた豊後葵の“決まり手”

麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

「皮肉な下克上」決勝卓編

がっぷり四つの大勝負で

魅せた豊後葵の“決まり手”

【決勝卓】担当記者:真中彰司 2019年4月20日(土)

 

女流プレミアトーナメントの予選も、とうとう最終戦。

この半荘でトップを獲った者だけが、

水口美香・高橋侑希・茅森早香の待つ決勝トーナメントに進出できる。

そして決勝への挑戦権を賭けた最終卓に進んだのは、この4人。

まずはA卓1位通過の「屈強キャッツアイ」こと、内田みこ

A卓では一度アガリを拒否して役満・四暗刻を炸裂させ、ラスから一気に大逆転。

鮮烈な最強戦デビューを飾った。

その勢いで、ファイナルまで駆け上がれるか。

 

続いてA卓2位通過の「ブンゴ無双」こと、豊後葵

あの伝説の対局から早4年…未だに128500点の記録は破られていない。

A卓では手が入らず苦しんだが、最後の最後に2着をもぎ取った。

決勝で待っているのは因縁の相手・茅森早香。再び無双を起こせるか?

 

そしてB卓1位通過、「対子ガール」こと里中花奈

B卓ではベテランの大崎から24000を直取りして一気に決着を付けた。

RMUのニューヒロインが、その爆発力で最強の座を狙う。

 

最後に登場したのは「セメントクイーン」こと、清水香織

まるでファッションデザイナーのような格好だが、

卓に着いただけで場の雰囲気を一変させるほどの迫力を持つ。

B卓では里中の猛攻を掻い潜って何とか2位通過。

数々の対局で勝利してきたベテランは、最強戦でも爪跡を残せるか。

東1局は、まず里中に手が入る。

ドラのが鳴ければ万々歳だが、を鳴いても3900と上々の出だしになる。

そこにタイミング良く、内田から2枚目のが切られる。

しかし里中、このをスルー!3900点のテンパイを拒否!

トップ取りの一発勝負ならではのスルーだろうか。

満貫が見える手ならば絶対に満貫に仕上げたい、という意志が伝わってくる。

そしてイーシャンテンだった親の内田がをツモ切り…

里中がポンテンでカンの満貫テンパイ。

焦らずに待ったのが功を奏した。

しかし、高い手は簡単にアガらせてもらえないのが最強戦の恐ろしさ。

清水がタンヤオピンフで果敢に追っかけリーチをかける。

実績あるベテランとして、初出場の若手の好きにさせるわけにはいかない。

ベテランvs若手のめくり合いは決着付かず、2人テンパイで流局した。

 

東2局1本場、

 

この記事のタイトルとURLをコピーする