麻雀最強戦2019女流プレミアトーナメント観戦記【決勝戦】水口美香の逆転を許した豊後葵の選択…明暗を分けたオーラスの攻防




麻雀最強戦2019

女流プレミアトーナメント

【決勝戦】

水口美香の逆転を許した

豊後葵の選択…

明暗を分けたオーラスの攻防

【決勝戦】担当記者:masasio 2019年4月20日(土)

 

32名の女流プロ雀士によって行われてきた女流プレミアトーナメントもついに決勝戦。

まずはこれまで数々の死闘を潜り抜けてきた4名の選手をご紹介しよう。

起家スタートとなったのはこの人

 女流プレミアトーナメント「脅威のツッパリ」優勝

高橋侑希

脅威のツッパリでは劣勢の局面から親の倍満ツモでリードを奪うと、そこからは安定した局回しで逃げ切った。

粘り強い麻雀でファイナル進出の座を射止めることができるか?

 

続いて南家スタート

女流プレミアトーナメント「皮肉な下克上」優勝

豊後葵

なんと豊後はこの日、自身の誕生日。

すでに2半荘打ち終えており、準備運動はばっちりだろう。

入場シーンでも一番リラックスしているように見えた。

勢いそのままにファイナル進出を決めることができるか?

 

続いて西家スタートとなったのは、

女流プレミアトーナメント「華麗な技」優勝

水口美香

水口といえばとにかく手数が多い印象だ。

ネット麻雀「天鳳」でも最上位卓で打つほどにやりこんでおり、その攻めの技術には定評がある。

2年前にもファイナルに進出している水口。ファイナル進出の先を見ているだろうか。

 

そして北家スタートを引き当てたのは、

女流プレミアトーナメント「一発逆転」優勝

茅森早香

先日行われた、女流日本シリーズでは優勝。Mリーグでは平均打点1位を獲得しており、勢いに乗っている。

最強戦でも3度ファイナルに進出しており、実績では頭一つ抜きんでているか。

茅森はどちらかといえば直感で麻雀を打つタイプ。最強戦のような一発勝負のほうが性に合っているかもしれない。

以上の4名の選手で、16分の1の枠、すなわち最強戦ファイナル進出をかけて争われる、決勝戦。

どの選手が勝ちあがるのか全く予想ができない、非常に楽しみな1戦となった。

試合は東1局から大きく動いた。

まずは水口がをポン!

をトイツ落とししてホンイツまで見ていく。

ただ仕掛けるだけではなく、打点を見るのが大事なところだ。

水口の仕掛けを受けて豊後

を引いて悩ましい手牌だ。

いくらが1枚切れとはいえ、普通ならフリテンのを嫌っていくところだが、下家の水口が明らかなピンズのホンイツ。

の2枚は切りづらいということでを落としていった。

豊後は続いて引いてきたは勝負。

これを水口がチーしてテンパイ。

高めのならマンガン。

しっかり打点を確保しつつ一番乗りでテンパイだ。