美の女神をもまどわせる!完全武装アフロディーテ岡田紗佳を襲った美しき手口とは【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

美の女神をもまどわせる!

完全武装アフロディーテ

岡田紗佳を襲った

美しき手口とは

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2019年10月7日

本日1戦目は、亜樹、瑞原、岡田の女性選手3人と、前原というマッチングになった。

端的に言って、前原がうらやましい。

入場シーンを見ていて一際目を引いたのが、

今日がMリーグ2戦目の岡田紗佳だった。抜群のプロポーションもさることながら、表情が前回とまるで違う。

(前回)

こちらが前回の登場シーン。

先週火曜日の【熱論!Mリーグ】(担当ZERO)でも語ってくれていたが、前回は緊張していたことがよくわかる。

(今回)

桜のにおいを身にまとっているかのような、美しくも、どこか妖艶と言えるこの佇まい。

今日は岡田の麻雀をじっくり観たいな、と感じた。

深々と頭を下げて、岡田は卓へと向かっていった。

1試合目

テーマ1 完全武装アフロディーテ

東1局1本場

前回登場時は守備型の印象が強かった岡田。今日は積極的に手を進めていく。

瑞原が東1局に6000オールで先行。続く東1局1本場。岡田の3巡目、

にくっついても魅力のないこの手、ストレートにホンイツへと向かう。

場に打たれたもポンして、

を引けば役役ホンイツの満貫も見えてくる。

を重ねて一歩前進したところで…

「リーチ」

前原からリーチが入る。

しかし、今日の岡田は一歩も引かずに攻めていく。

前原から出たこのを、

岡田はポン。

果敢にを押して、ホンイツのテンパイを入れた。リーチ棒が出た今、本場も合わせて出アガリなら計5200点、ツモるとテンパネして計6500点の収入だ。待ちは良くないとはいえリーチとめくり合うには十分なリターンと言える。

続くツモは…

。選択だ。

落ち着き払った面持ちで岡田は、

を切った。が自分の目から3枚見えていてがワンチャンスなこと、のシャンポンは残り2枚なのに対して待ちは残り3枚あることが主な理由だろう。

2巡後、

岡田はも押していく。

これが前原のアガリ牌。放銃にこそなってしまったものの、先ほど述べたようにリターン十分なため当然のプッシュだと感じる。

リーチドラ。この局は前原が岡田から2600は2900のアガリとなった。

失点した直後も、余裕すら感じさせる微笑み。その余裕からか、この半荘岡田はキレのある選択を数多く見せる。

この記事のタイトルとURLをコピーする