「押す」怖さと「引く」怖さ…松本吉弘が魅せた執念のベストバランス麻雀【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

こんなに可愛い顔をして、何枚無筋を打つのか。

しかしここは松本がツモ!500-1000!

朝倉のリーチと高宮の親リーチをかいくぐった見事なアガリだ。

捨て牌だけかき集めれば三色をアガっているが、打っていい無筋と打ってはいけない無筋を見極めたアガリだと感じた。

東2局

何か親番のたろうがおかしい。

麻雀というゲームは1牌多くなるだけで、手牌が凄く長く感じる。

たろうが牌を多くツモって多牌(ターハイ)になった。

Mリーグにはルール改正があり、これまでは理牌(リーハイ)と言って、手牌を整えてから第一ツモをするという決まりだったが、理牌する前に第一ツモをしても良いという改正があった。

たろうは改正通り理牌する前にツモり、さらに改正前の癖で理牌した後でもツモってしまい、アガリ放棄になってしまった。

「手牌が15枚もあれば安全牌には困らないな…。」

と思ったのかは知らないが、たろうは平常心で打牌をしているように見えた。

やっちまったものは仕方がない。どうリカバリーするかの方が麻雀は大事だ。

高宮がポン!

親の上家がアガリ放棄なのでドラも先切りしやすい。の重なりからペンを払えれば理想か。

松本がテンパイ、ソクリー!

メンピン赤の高目一盃口のリーチ!下家の高宮がソウズのホンイツをやっており、場にはピンズがボチボチ切られている。

これほど、ちょうどいい場状は中々無い。

しかし、相手はバーサーカー高宮。

この手牌から一発で無筋のをドスンと切った。これはヤバイ。

は2枚切れ。さらに言えばも1枚切れで、は松本のリーチの筋だ。

高宮はのポンテンを逃さないようにするためだけに、松本のリーチに一発目にド無筋のを切った。

たった1枚の牌の為に。あの佐々木寿人でもここはを切るのではないか。高宮はKONAMIのチームメイトの誰よりも漢らしい。

高宮がここはテンパイを入れるものの、

高宮が松本の高目を掴んで放銃!

リーチピンフ一盃口赤のマンガン!ここ最近は競り負ける展開が多い松本。今日がパブリックビューイングな事も手伝って、是が非でもトップが欲しい所だろう。

東3局

親番の朝倉がをスルー。

朝倉と言えば鋭い鳴きが得意というイメージがある。でもこれは鳴かない。鳴きには3つの基準がある。

①速い手か

②高い手か

③安全牌があるか

鳴きは大きく分けるとこの3つの基準によって決める。このうち、二つの条件を満たせば喜んでポンできる。

この朝倉の手牌は何一つ満たしていない。鳴いたところで高くも速くもなく、安全牌も無くなる。無い無い尽くしだ。

鳴きのスペシャリスト朝倉はを鳴かず、この見事な三色をメンゼンで入れた。

惜しむらくは、このカンは山に3枚もいたが朝倉の手元には1枚もこないで流局したことか。

朝倉の攻守兼用の手組は凄く勉強になる。

しかし、次局はダブをいきなりポンした。

これは形が良いのもあるが、打点が見込める手牌。ダブを鳴けば赤を1枚引くだけで5800という高い点数になる。

鳴きを極端に嫌う、村上でもこれは1鳴きすると思う。

高宮がテンパイ

負けている子番でリーチピンフ高目一盃口のテンパイ。ヤミテンにするわけがない。

これに追いついたたろう。

を切って単騎待ちでの追っかけリーチと出た!

これはが良いとかいう話ではなく、打点の上でのリーチ。これで最低でも6400のテンパイで、裏ドラが乗れば12000の手に進化する。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!