西原理恵子 & 山崎一夫 偽装食品だらけでも安くて美味しけりゃいい!?

偽装食品だらけでも
安くて美味しけりゃいい

食品の偽装問題が、続々と発覚してますが、あまりにも蔓延しすぎていて、そろそろニュース・バリューは無くなりそうです。

国産のブランド牛だと思って、美味しく食べてたのが、外国産の形成肉だと知って、ガッカリした人もいるでしょう。
美味しかったハズの記憶まで書き換えられるんだから、情報やブランドの力は大きいですね。

かつて私が経営していた弁当店では、フランチャイズ本部が開発した、ロースカツ弁当が大ヒットしました。

 

私たちは圧着肉と呼んでましたが、形成加工したロースです。

赤身の豚肉の周りに、白い脂身をバランス良く張りつけて、それにパン粉を付けたものです。

脂が剥がれやすいのが難点ですが、コロモを付けることによってある程度防げます。

 

とても美味しかったです。

 

この成功に気を良くしたのか、本部は牛ステーキ弁当も開発しました。
これも大ヒット。

硬い肉を専用のスジ切り機で柔らかくし、適度に脂を注入したものです。
おそらく牛肉エキスも注入していたと思います。

注射器のような器具で注入するので、インジェクション肉とも呼ばれます。
ある業者さんは「シャブ肉」って呼んでました。

 

「安くておいしくなるように、牛の各部位をブレンドして、どこが悪い?」

当時は、法的にも道義的にもほとんど問題になりませんでした。

 

ファミレスでは、あいかわらずハンバーグ・ステーキが人気ですが、やってることは似たようなもの。

たとえ内臓のようなクズ肉でも、ハンバーグならOKですが、サイコロ・ステーキだと、食品の偽装だと言われてしまうんです。

 

安くて美味しいハンバーグや、ハンバーガーは、材料費も安くて、業界のドル箱です。
安い食材を上手に加工して、ヒット商品にするんだから、個人的には凄いと思います。

ただし、体に悪い食品添加物はダメです。

子供たちは、ハンバーガーやフレンチフライが大好きですが、添加物や遺伝子組み換え食品が気になります。

 

「マックのポテトはゴミ箱に何週間放置しても腐らないし、カビも生えない」

 

食中毒の心配は無さそうですが、カビさえ生きられないような食品を、子供に食べさせるのは考えものです。

毛はえ薬や精力剤は
本当に効くのか?

「製薬会社の臨床データと、政府の経済統計は、あまり信用できない」

私ごとですが、毛はえ薬のリアップが発売された時、何回か使ってみました。
経験者はたいていそうだと思いますが、効いてるんだか効いてないんだか、分かりませんでした。

「効いてる効いてる」

と思いこむことによって、もしかしたら成果が出やすくなるかもしれません。
プラセボ効果で、頭皮の血行を良くなるとかね。

「やめると不安なので、一生使うしかない」

そういう人もいるでしょう。 何百万円も使うかもしれませんが、女性のメイク代だと思えば納得です。

「精力剤のバイアグラは、半分でもすごく効く」

中年の漫画家の東陽片岡さんの、風俗漫画レポートです。
リアップとは、毛細血管の拡張と言う共通点がありますが、これも個人差がありそうですね。

 

食品の偽装と違って、効果が無いからと言って、返品や返金は難しい。

みずから公にしたくないし、無効だった証明も不可能です。
精力剤はプラセボ効果が、すごく大きそうですし。

「うどんを食べたら、アレルギー反応が出た。自分はうどんアレルギーは無いハズなのに」

 

調べてみたら、うどんと同じ釜でソバも茹でていた、ということがあったそうです。

逆に、うどんを食べている時はなんでも無かったのに、

「当店はうどんとソバは同じ釜で茹でてます。ソバアレルギーの方はご注意ください」

 

ポスターを見たとたんに、症状が出たとう報告もあります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!