優勝は茅森早香プロ!!「麻雀最強戦2016 女流プロ代表決定戦・激突タイトルホルダー 」





「麻雀最強戦」とは日本で一番麻雀が強いものを決める戦い、今回は「女流プロ代表決定戦・激突タイトルホルダー」。女流プロの頂点が雌雄を決する!!

本日6月25日に「麻雀最強戦2016 女流プロ代表決定戦・激突タイトルホルダー」が開催された(司会・実況:小山剛志/解説:片山まさゆき・河野高志)。

出場者は、石井あや(前年度桜の陣優勝) 和泉由希子(前年度菊の陣優勝) 魚谷侑未(前年度プレミアリーグ優勝) 茅森早香(女流モンド杯優勝)宮内こずえ(女流桜花) 大平亜季(女流最高位) 佐月麻理子(女流雀王) 童瞳(プロクイーン)の8名。

A卓、B卓 の順に半荘1回勝負を行い、各卓上位2人を決定。上位2人が決勝卓に進む。決勝も半荘1回勝負を行い、その優勝者が女流プロ代表決定戦・激突タイトルホルダーの代表として12月11日に行われる「麻雀最強戦2016決勝ファイナル」に進むことができる。

決勝戦には、A卓から茅森と和泉、B卓からは佐月と大平が勝ち上がった。

白熱のオーラス、優勝の行方は!?

決勝戦はオーラス時点で、

佐月 30,100点
大平 14,300点
和泉 32,600点
茅森 23,000点

という点棒状況。大平はバイマンツモが必要、佐月は2000点のツモアガリか2600点の出アガリ、和泉直撃なら1300でOK。ラス親の茅森は2600オール以上のツモアガリか出アガリはマンガン以上必要という条件。

茅森のpin1-66-90-s-embman8-66-90-s-embのシャンポン待ちリーチに大平が捕まり、まず2000点の出アガリ。続く1本場は茅森のリーチが流れて1人テンパイで流局した。すると2本場の積み棒と供託リーチ棒で、大平以外の3者がほぼアガれば優勝という横一線となった。

まず佐月がカンman4-66-90-s-embチー、sou2-66-90-s-embポンと仕掛ける。

そして茅森がsou3-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb待ちのピンフでリーチ。

和泉が一発を消す鳴きを入れると、sou6-66-90-s-embが大平の手に回ってきた。そしてバイマンツモが必要な大平の手は、

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman6-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embji6-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-emb ツモsou6-66-90-s-emb ドラji4-66-90-s-emb

なんとバイマンのイーシャンテン! 当然このsou6-66-90-s-embが止まることなく、茅森の逆転優勝となった。

茅森プロには12月11日に行われる、麻雀最強戦2016ファイナルのチケットが贈られた。kayamori





  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!

    キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です