それは必然か?偶然か?パイレーツに忍び寄る「魔の木曜日」【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

を重ね、雀頭が出来る。またもリーチに行けそうな手だ。

ここで白鳥がを暗槓。新ドラは

は小林の雀頭。またも小林の手が満貫クラスになった。

一刻も早くリーチしたい小林。は当然、不要なのでツモ切り。

「ロン」

河に放たれたに声がかかる。

「ああ、放銃してしまったか。仕方ない」

開けられる下家の手牌。

点棒を払おうとする小林の動きが、そこでフリーズした。

32000

まさかの2局連続で四暗刻テンパイ。そして2度目は四暗刻単騎。

そのド高目にトップ目から飛び込んでしまったのだ。

上手く手が入り、見事な手順で順調に点棒を稼いだ。

あとはこの点棒を持って帰港するだけだった。

しかし、そこに立ちふさがったのは魔法翔女・白鳥翔

パイレーツ号が「ミスター木曜日」の魔法に飲み込まれてしまった。

しかし序盤のリードのおかげで、まだなんとか2着に踏みとどまっている。

早々にドラも手放し、2000点で逃げ切ろうとする小林。

安全牌のを抱えつつを切ると…

「ロン」

今度は対面からの声。

勝又が2着を確保しようと、1000点で仕掛けていたのだ。

この日の小林は絶好調だった。

手順に目立ったミスは無かったはずだ。

それでも2局で33000点を失い、撃沈してしまった。

正着と思える牌を打っても、報われない時もある。麻雀の恐ろしいところだ。

いつも無表情の小林だが、この日の表情はやけに寂しげに見えた。

試合後、小林のツイッターを覗いてみると…(゜ー゜)

「ごまんなさい」という短く、なんともコメントに困るギャグが。

とにかくに泣かされた半荘だった。

しかしよくよく話を聞くと…

「あの四暗刻単騎は仕方ないけど、最後のは止めようがあったね」

と、放銃を全く気にしていない様子。これが「麻雀サイボーグ」と呼ばれる所以か…と、その姿勢に感服した。

さて、パイレーツの「魔の木曜日」はどうなったのか。

2戦目は朝倉が登板したが、見事な手順でカンのリーチを打った後に薄いを掴んで放銃するなど、展開に恵まれず4着。

目立ったミスは無かったが、見せ場もほとんど無く終わってしまった。

今日からシーズン後半戦がスタート。

パイレーツは総合4位から5位にランクダウンしてしまった。

確かに、木曜日のパイレーツは逆転負けが多い。

印象に残る負け方をしているからこそ、木曜日は鬼門と言われているのか?

それともただの「偶然」なのだろうか?

今後も引き続き「魔の木曜日」の真相に注目だ。

 

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。
真中彰司@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!