それは必然か?偶然か?パイレーツに忍び寄る「魔の木曜日」【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

それは必然か?偶然か?

パイレーツに忍び寄る

「魔の木曜日」

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年12月12日

観戦記ライターにとっては、担当曜日が決まっているため、曜日ごとの勝敗にもどうしても目が行くものだ。

そこで気になったのがパイレーツ。というのも、木曜レギュラーの日吉辰哉氏が実況していると、瑞原が勝てないという説があったからだ。

調べてみると、パイレーツは木曜日に14試合こなして3-4-3-4と、トータルポイントとしては負け越しているが、そんなに悪くない。

それなのに、パイレーツファンの間では「木曜日は鬼門」とまで囁かれている。

担当ライターとして真相を確かめるべく、今日の試合をチェックする。

…と思ったのだが、先発は「オカルトバスターズ」としても知られる船長・小林剛

この選手なら「曜日によって差が出ることは無いです」と一刀両断しそうだ。

全く心配はいらないだろう、と感じた。

第1回戦

東家:勝又健志EX風林火山

南家:佐々木寿人麻雀格闘倶楽部

西家:小林剛U-NEXT Pirates

北家:白鳥翔渋谷ABEMAS

試合の方はというと、パイレーツを心配するどころか、他家がその快進撃の波にただただ飲み込まれる展開だった。

東1局ではリーチ・ハイテイ・赤赤の8000点を、テンパイを取りに行った佐々木から奪取。

東2局では親番の佐々木が積極的に加槓したことでドラが増える。

そこに機を逃さず小林がリーチ。

流れるような一発ツモで、裏も2枚乗って4000-8000。

佐々木が2局で16000点も支払う展開に。

さらに南1局、ペンの受けが苦しいと見て、とドラ入りのターツを外す。

この見切りの速さはさすが小林といったところ。

するとに振り替わり、赤3枚の怪物手に変化。

再び佐々木から8000点を奪取し、佐々木はついに「寿人棒」を出す羽目になってしまった。

小林の手順に無駄が無いのはいつものことだが、今日は一発やドラも味方して、打点もついてきている。

「アトハ リード 守ルダケ」

いわゆる「ずるごー」現象だ。何でも小林の思い通りになる時間帯。

RTDリーグでも猛威を振るった「ずるごー」が、Mリーグの卓上に久々に帰ってきた。

あとは他家の親番を流しつつ、着実に加点するだけ。

無双状態となった小林は、南3局の親番でも相変わらず。

急所のをチーして、2900のテンパイを取った。

すると、ここで緊急事態が発生!

なんと下家の白鳥が四暗刻をテンパイしていたのだ。

山にはが1枚のみ。しかし引ければ役満。

白鳥は「ミスター木曜日」と呼ばれるほど木曜日に強い選手。それが今度はパイレーツに牙を向くのか!?

白鳥の最後のツモはだった。セーフ。

これでパイレーツの点棒は守られた。

四暗刻か、危なかった

小林は表情には出さないが、安堵はしているだろう。

しかし、最近のMリーグや最強戦では四暗刻がよく見られる。

今の麻雀界の流行は四暗刻なのだろうか?

気を取り直して、南3局1本場

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!