園田賢、圧巻のパーフェクトゲーム!! ABEMASとトップラスを決め、上位陣の首をを狙う!!

園田賢、圧巻の

パーフェクトゲーム!!

ABEMASとトップラスを決め、

上位陣の首をを狙う!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル6日目、第1戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。第1位試合はなんと、全9局中6局園田が1人でアガリを決め、6万点超えのほぼパーフェクトゲームとなった。ドリブンズは100ポイントを超えて、2位ABEMASの背中が見えてきた。

第1戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典渋谷ABEMAS日向藍子TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして園田の4名。

東2局、配牌で【中】がカンツで入った園田は、即座にアンカン。10巡目にドラ2・赤1、ペン【3ピン】待ちをリーチ・ツモ。3000・6000で園田がトップ目に立つ。

東3局は、園田以外の3者によるリーチ合戦。瀬戸熊がチートイツ・ドラ2・赤1の【2ピン】単騎。日向が赤1のカン【8ソウ】待ち。3軒目の滝沢は、ピンフのみの【1マン】【4マン】待ちでリーチ。決着は日向が【1マン】を掴んで、滝沢にウラ1の3900点を献上となった。

東4局、北家の園田は5巡目に【9ソウ】チーから発進。ドラの【北】を雀頭にしたチャンタサンショクのカン【2ソウ】待ちを滝沢から仕留めて、1人浮きのトップ目に。

南場に入っては日向・滝沢・オーラスの瀬戸熊の、親を園田自らがアガリ切って6万点オーバーの大トップを獲得。ドリブンズは100ポイントを超えて、2位のABEMASの背中が見えてきた。

園田はインタビューで、

「ここ4戦ほど捲られてばかりで、また瀬戸熊さんに捲られるのかなと思ってましたが、そのまま逃げ切れてよかったです(笑)。(100ポイント超えについて)全然安心はできませんが、今までを考えるとちょっとうれしいですね」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 6万1800点/+81.8
2着 瀬戸熊直樹・雷電 2万200点/+0.2
3着 滝沢和典・風林火山 1万6000点/▲24.0
4着 日向藍子・ABEMAS 2000点/▲58.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +290.6(8/16)
2位 渋谷ABEMAS +211.1(7/16)
3位 赤坂ドリブンズ +100.3(7/16)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲59.9(7/16)
5位 EX風林火山 ▲86.8(7/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲124.6(8/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ6日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月20日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:金太賢
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!