鈴木たろう、四暗刻!! ドリブンズ、同日2連勝で一気に上位3強時代へ!!

鈴木たろう、四暗刻!!

ドリブンズ同日2連勝で

一気に上位3強時代へ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル6日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。東3局に四暗刻をツモアガった鈴木たろうが、文句のない大トップ。園田との同日2連勝で、ドリブンズはサクラナイツ・ABEMASに続く3強入りを果たした。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電黒沢咲、そして鈴木の4名。

東2局1本場、南家の二階堂のリーチに手詰まった北家・鈴木が中筋を追って【4ピン】を切ると、これが【4ピン】【中】のシャンポン待ちに命中。ドラ1・赤1・ウラ1の8000点。鈴木はラス目に陥落する。

次局、7巡目に鈴木は【2ソウ】【4ソウ】のシャンポン待ちでタンヤオ・ツモリ三暗刻のテンパイ。しかし、鈴木は、テンパイ取らずの四暗刻のイーシャンテンに受ける。3巡後【4ソウ】をツモって、今度は【2ソウ】【4マン】のツモリ四暗刻をテンパイ。今度はもちろん即リーチ。

黒沢に【中】ドラ3のヤミテンが入るも、鈴木はみごと【2ソウ】をツモアガリ。8000・16000のアガリで一気にトップに浮上。

次局、鈴木は3巡目にリーチ。123サンショクのペン【3マン】待ち。このリーチを受けた一発目の松本から、3枚持ちの【4マン】のワンチャンスで【3マン】が魅入られたかのように放たれる。鈴木がさらに8000点を加点する。

さらに次局、南場の親を迎えた鈴木は【9マン】をアンカンして、赤1の【2ピン】【5ピン】のシャンポン待ちでリーチ、そしてツモ。さらに12000点を上乗せして、一時は7万点オーバーの大量得点。

その後は松本への7700点の放銃があったものの、オーラスは自ら【白】・ドラ2・赤1の2000・4000をツモアガって試合終了。

ドリブンズが園田・鈴木の同日2連勝で、プラス162.7ポイントを獲得。下位を大きく引き離すことに成功した。

鈴木はインタビューで、

「(四暗刻は)前局の放銃のおかげまでありますね。放銃がなければ、そんなに欲張らないじゃないですか。出アガリ2600点とかだと、さみしいなという気持ちがあの夢を追う選択になりましたね」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 6万900点/+80.9
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万2100点/+2.1
3着 二階堂亜樹・風林火山 1万7300点/▲22.7
4着 黒沢咲・雷電 ▲300点/▲60.3

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +290.6(8/16)
2位 渋谷ABEMAS +213.2(8/16)
3位 赤坂ドリブンズ +181.2(8/16)
4位 EX風林火山 ▲109.5(8/16)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲120.2(8/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲124.6(8/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

 

▲32000点を得てご満悦の鈴木たろう

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ6日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月20日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!