KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智 愚形か手替わりか…麻雀忍者の早期テンパイ判断【Mリーガー29人の名手】

麻雀格闘倶楽部・藤崎智

愚形か手替わりか…

麻雀忍者の早期テンパイ判断

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/5

第2試合 東1局 ドラ

東家 内川幸太郎サクラナイツ

25000

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

25000

西家 多井隆晴渋谷ABEMAS

25000

北家 藤崎智麻雀格闘倶楽部

25000

3巡目にドラのがトイツの手でテンパイを入れた藤崎。ただ、現状は役がなく、待ちはカンチャンの。打点も待ちも大きな変化が望める形だが、藤崎の決断は?

 

 

「自身の手を大きく育てるイメージを持つ」

藤崎は打でテンパイを取るも、リーチはしなかった。せっかくのチャンス手は大事に育てるのが藤崎流。リーチは足止め効果が高いとはいえ、巡目が早すぎる場合、相手も現物を持っておらず、「足を止めようがない」ケースも考えられる。場合によってはテンパイを入れられ、追っかけられることもありうるだろう。これでは変化を犠牲にして即リーした意味がない。ヤミテンで他家を自由にさせた結果、メクリ合いの勝負を余儀なくされることもあるが、価値のある手で戦うなら結果敗れても本望であろう。

 

藤崎は2巡後にをツモり会心の3メンチャンでリーチ。でハネ満ツモを決めた。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!