KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人 親の愚形テンパイを拒否!変幻自在の攻めダルマリーチ【Mリーガー29人の名手】

麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人

親の愚形テンパイを拒否!

変幻自在の攻めダルマリーチ

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/11

第2試合 東2局1本場 ドラ 

東家 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部

34400

南家 滝沢和典EX風林火山

23600

西家 沢崎誠サクラナイツ

21000

北家 松本吉弘渋谷ABEMAS

21000

東2局の親で一歩抜け出した佐々木。へのくっつきを期待しながら手を作っていたが、そのが余る形でテンパイした。ただ、即リーチの場合、を捨てて手が安くなり、かつ待ちはカンチャンで満足なリーチとは言い難い。はたして佐々木はどう打ったか?

 

 

「変幻自在のリーチ判断」

ここで佐々木は打を選択。引きのリャンメン復活を考慮しなかったということは、何が何でもを使い切ろうという意思の表れか。

次の巡目でを引いても当然のように打でテンパイを崩した。

だが、面白いのはその後の対処だ。12巡目、のくっつきにを引いた寿人、

今度は打のリーチに出た。この時はが場に3枚で売り切れ状態。それも厭わずのリーチなのだ。今度はテンパイを崩すには深すぎる。高打点は諦め、連荘重視へシフトした対応だったのだ。

この切り替えが功を奏し、を一発ツモで2600オール。変幻自在のリーチ判断が最高の結果を引き出したのだ。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!