園田賢、個人2連勝!! 一撃の親ハネマンでABEMAS多井を降す!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

園田賢、個人2連勝!!

一撃の親ハネマンで

ABEMAS多井を降す!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の23日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。南場の親番まで沈黙を保っていた園田が、トップ目の多井から一発でハネマンを直撃。この一撃でトップ逃げ切り、園田が個人2連勝をあげた。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス茅森早香、そして園田の4名。

東場は多井が内川から8000・6400と討ち取り、多井がトップ目で折り返す。

3番手に甘んじていた園田の南場の親番、その1本場。先にテンパイを入れたのは多井。3副露して待ちは【2ピン】【5ピン】(ドラ【4ピン】)。9巡目に、追いついた園田からリーチがかかる。ピンフ・ドラ1・赤1・高めタンヤオ【1マン】【4マン】【7マン】待ち。そして一発目に多井が【7マン】をツモ切って放銃。18000点のアガリで園田が一気にトップ目に。

園田が1度のアガリでトップを守りきり、個人2連勝を掴み取った。

2着にはラス前・オーラスと連続して2000・4000、3000・6000とツモアガリを決めた、多井が食い込んだ。

園田はインタビューで、

「(個人連勝について)いやぁ〜、うれしいですねぇ、ホント。ずっとツライ時期が続いてたんで、ドリブンズまだまだツライんですけど、一応トップって取れるもんなんだなっていうのがわかってよかったです、ハイ」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 3万4800点/+54.8
2着 多井隆晴・ABEMAS 3万2900点/+12.9
3着 茅森早香・フェニックス 2万5100点/▲14.9
4着 内川幸太郎サクラナイツ 7200点/▲52.8

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +480.2(24/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +110.8(22/94)
3位 TEAM RAIDEN / 雷電 +79.0(22/94)
4位 EX風林火山 +26.9(22/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲74.1(22/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲122.0(24/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲155.4(24/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲345.4(24/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:伊達朱里紗
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!