赤坂ドリブンズ・鈴木たろう 自身への印象を逆手に取った“たろうカモフラージュ”【Mリーガー29人の名手】

赤坂ドリブンズ・鈴木たろう

自身への印象を逆手に取った

“たろうカモフラージュ”

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/10

第1試合 南4局2本場 供託×1 ドラ

東家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

33800

南家 多井隆晴渋谷ABEMAS

45000

西家 近藤誠一セガサミーフェニックス

24400

北家 岡田紗佳サクラナイツ

△3200

 

上家のリーチを受けた直後、待ち選択に迫られた親のたろう。リーチ者はを捨てている。親満でトップに立つたろうはどうする?

 

 

「普段の押しが勝負手をカモフラージュする」

Mリーグ屈指のリーチ雀士であるたろう、愚形良形を問わずメンゼンでテンパイすればリーチをかけている印象が強い。だからこそ、高い手のヤミテンが想像以上に決まりやすいのだ。

普通、相手のリーチに通っていないを捨てれば、他家も多少は現物待ちを疑うはず。ところが、無筋を通したたろうの場合、普段から押しが強いため「現物待ちでのヤミテン」の印象が薄くなり、もっといえば「リーチがかかるまで怖くない」とすら思える。

 

だからこの局もトップ目の近藤から(リーチ者の中スジ)が出たのだろう。滅多にヤミテンをしないたろうにとって会心のヤミテンといえるだろう。

 
Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!