渋谷ABEMAS・多井隆晴 タイミングを見計らった子方を好きに打たせない親リーチ【Mリーガー29人の名手】

渋谷ABEMAS・多井隆晴

タイミングを見計らった

子方を好きに打たせない

親リーチ

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 10/18

第2試合 東4局2本場 ドラ

東家 多井隆晴渋谷ABEMAS

33600

南家 近藤誠一セガサミーフェニックス

13000

西家 内川幸太郎サクラナイツ

25400

北家 滝沢和典EX風林火山

28000

4巡目にダブの片アガリでテンパイしたトップ目・多井。では出アガリできないが、ここで多井はどう打ったか?

 

 

「親のリーチは魔法の言葉」

多井は打でテンパイを取るも、いったんヤミテンとした。巡目も早く、ヤミなら他家からがこぼれることも期待できる。反対にリーチだと簡単にはアガれないだろう。多井は数巡、じっと待つ。

だが、をツモ切った後、次の打でツモ切りリーチに踏み切った。

なぜ、突然のツモ切りリーチなのか。まず、を捨てているので引きの3メンチャン変化はフリテンとなる。かつ、他家がを2枚捨てており、ツモも容易ではなくなったのだ。これ以上じっとしていると子に押し切られる。ならばリーチで子の足を止める。

この切り替えが功を奏し、ツモで親満を決めたのだ。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!