村上淳、丸山奏子のリベンジ達成!! 自身のラスもリカバリーして、ドリブンズはプラス圏に!!

村上淳、

丸山奏子のリベンジ達成!!

自身のラスもリカバリーして、

ドリブンズはプラス圏に!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル4日目、第2戦は村上淳赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。南1局の親番で、早い巡目での雀頭選択に成功して内川から親マンガンを討ち取り、リードを守りきって逃げ切りに成功。1戦目の丸山のラスを見事に帳消しにして、ドリブンズはふたたびプラス圏に浮上した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS日向藍子、そして村上の4名。

開局、先制したのは日向。【2マン】【5マン】待ちのドラ1・リーチをかけると、ヤミテンの手替わりを待っていた佐々木が、【2マン】で一発放銃。5200点を失う。

東4局、佐々木が5巡目に先制リーチ。日向が安全そうにみえるピンズを切ってテンパイを入れると、【3ピン】が佐々木に刺さる。123のサンショク・赤1の8000点で利子をつけての回収に成功。

決定打が出たのは南1局。親の村上がリーチ・イッツー・ドラ1のカン【2マン】待ちの手を4巡目にリーチ。【5マン】の後スジを追った内川から【2マン】が打たれ、ウラが1枚の12000点。

南3局2本場、3番手の日向が親の佐々木の仕掛けにプッシュして、タンヤオハイテイ・赤1の1000・2000で2着目に浮上。

オーラスは内川が、素点回復の2600点を日向からアガって着順は変わらず。

村上が逃げ切って、1戦目の丸山の仇討ちに成功した。

村上はインタビューで、

「ずっと言い続けてますが、みなさんのおかげで麻雀を打たせていただいてます。特に医療関係者のみなさま、本当にありがとうございます。大変だと思いますが、まだまだがんばりましょう」

と語った。

【Result】
1着 村上淳・ドリブンズ 3万8600点/+58.6
2着 日向藍子・ABEMAS 2万7300点/+7.3
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 2万7100点/▲12.9
4着 内川幸太郎サクラナイツ 7000点/▲53.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +269.1(6/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +266.0(6/16)
3位 赤坂ドリブンズ +18.5(6/16)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲46.9(4/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲63.2(6/16)
6位 EX風林火山 ▲112.8(4/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ4日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月16日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!