元雀荘メンバー、今酒ハクノ(いまさかはくの)!「金!名声!滅びよ人類」が合言葉の酒クズ系VTuber

今酒ハクノとは

今酒ハクノ(いまさかはくの)は、2018年5月4日にYouTubeで配信を開始したVTuber。「酒クズ系VTuber」を名乗っており、動画は「金!名声!滅びよ人類!」のセリフで始まるのがお馴染みとなっている。

メインチャンネルはお酒に関する動画がメインだが、ゲーム配信等を行うサブチャンネルでは、頻繁に麻雀配信を行っている。なんと元雀荘メンバーだったことでも有名な今酒ハクノは、麻雀についての知識も深い。「雀荘メンバーだった頃の話するわ」という動画は2021年1月時点で20万回以上も再生されている。

また、自身で「今酒ハクノ杯」という大会を開催し、決勝には麻雀プロを解説に呼ぶなど、オンラインで麻雀を盛り上げる企画も行っている。

ツイッターでの専用タグは「#滅びよ人類」や、ファンアート用の「#画伯ノ」などがある。

今酒ハクノ プロフィール

活動開始 2018年5月4日
生年月日 9月3日
身長 169cm
所属 なし(個人勢)
YouTubeチャンネル Hakuno Imasaka(メイン)
今酒ハクノの二次会さぶちゃん(サブ)
Twitter 今酒ハクノ(いまさかはくの)@hakuno_imasaka
デザイン 今酒ハクノ・haru_283
モデル 今酒ハクノ・haru_283

代表的なYouTube企画、参加動画

■今酒ハクノ杯
滅ぼシスト(視聴者の呼称)参加型の麻雀大会。今酒ハクノと視聴者が麻雀でバトル。第2回、第3回に、麻雀クリエイターの平澤元気氏がゲストで参加。

■酒くじり先生
お酒に関する大失敗をしてしまった話、お酒の裏話、珍しい状況でお酒を飲んだりした人の話を聞いたりする企画。今酒ハクノがゲストにインタビューし、お酒に関する知らない話を聞いてみようという内容。しくじり話ばかりではないが、「酒くじり先生」というタイトルで配信している。

■ゲーム実況
メインチャネルでは、『DARK SOULS REMASTERED』『バイオハザード RE:2』『VA-11 Hall-A』『マインクラフト』といったゲームを実況配信。サブチャンネルでも『FF14』『ゼルダの伝説 夢をみる島』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『天穂のサクナヒメ』『桃太郎電鉄』『デモンズソウル』など、さまざまなゲームを実況配信している。

麻雀について

今酒ハクノは、VTuberの中でも珍しい「元雀荘メンバー」(雀荘スタッフ)だったことを公言しているVtuber。

雀荘スタッフの経験があることもあり、手組みの基礎がしっかりしており、麻雀安定した麻雀を打つ。守備意識が高く、後手にまわった際も現物で丁寧に降り、危ない橋は渡らない。

今までにチャンネルで配信したオンライン麻雀ゲームは、『MJ』『天鳳(てんほう)』『雀魂(じゃんたま)』などがあり、様々な種類のゲームに触れている。

直近の配信は『雀魂』がメインとなっており、週に1日程度で視聴者参加型配信を行っている。『雀魂』での現在の段位は「雀豪1」。

誰でも参加可能なオンライン麻雀大会「今酒ハクノ杯」を現在までに3回開催しており、視聴者やVTuber、天鳳位をはじめとした麻雀強者も参加する人気のイベントとなっている。次回の「今酒ハクノ杯」は、チャンネル登録者数10万人到達での開催予定とのことで、こちらも期待大である。(2021/1/19時点 登録者数9.75万人)

2020年8月31日、Mildom公式麻雀番組『雀荘ほめちぎり』にて、及川奈央、VTuber咲乃もこと共演した。

 

今酒ハクノのオススメ麻雀動画

20代の頃に雀荘メンバーとして働いた経験のある今酒ハクノが、雀荘の金銭事情や、雀荘特有のシステムなどを赤裸々に語る。

今酒ハクノの初ゲーム実況となる動画。「セガNET麻雀MJ」にて、4万点を持っている今酒ハクノにとんでもないことが・・・

VTuberの千羽黒乃と青森りんこ、麻雀クリエイターの平澤元気氏をゲストに呼び、「ありあり(煽りあり三味あり)」で行った特殊ルール麻雀を開催(サブチャンネル)。御三方とは、『桃太郎電鉄』でも対決をしている(メインチャンネル)。

視聴者参加型麻雀配信。今酒ハクノがラスになったら、そのマイナススコア分だけ腕立て伏せをするという過酷な配信(サブチャンネル)

文・青森りんこ 近代麻雀にてVTuberランキング連載中。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!