西原理恵子 & 山崎一夫 私の父親 山崎寅吉は他人の子を2人育て上げた!

「イカン、おかあが死によるぞ」私にはどうすることもできません。看護師さんの声も聞こえます。

 

「山崎さん、春子さん、まだ死んだらイカンよ」

 

懸命の救命医療をしてくれたようですが、母は戻ってきませんでした。

 

親孝行をしたい時には親は無し
にならないように

長々と個人的な昔話ですみません。
先に書いたように、父は出稼ぎが多かったので、私といっしょに暮した、正味の年数はそんなに長くありません。

私が保育園児の頃から、高校を出るまでの10年のうち半分くらいだと思います。

2人の子供を女房といっしょに育てましたが、成人した子供に近くに居てくれとか、
言ったことはありません。

「お前は東京に行くのか。そりゃええ。男は親にひっついちょちゃあイカン」

 

母が亡くなった後1人になっても、老後の面倒を見てくれということもありません。
最近は、たまに私と姉が温泉に誘うのを喜んでいるようです。

私が上京する時に誓ったのは「親より早く死なないようにしよう」という、
ハードルの低いものでした。

すでに実の両親が無くなり、今の父親は80歳を過ぎてますが元気です。

 

 

誓いはまだ続くのでした。

 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2014年6月1日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は4月15日更新予定)

 

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!