まさに無双、魚谷侑未!役満後も攻めの姿勢を貫き最高スコア記録を更新【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

熱論!Mリーグ【Thu】

まさに無双、魚谷侑未! 

役満後も攻めの姿勢を貫き

最高スコア記録を更新

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年2月27日

2/27、18時。

筆者は、Mリーグスタジオにいた。

目的は、渋谷ABEMAS多井隆晴の取材。

筆者は今シーズン、幾度となくMリーグスタジオで多井を取材している。

3月1日発売の「近代麻雀」2020年4月号からは、取材の中でお話しいただいた内容をまとめた

「これで勝てる!実戦対局問題集」

の連載がスタートする。

ぜひ「近代麻雀」本誌をお手に取って、「最速最強」の思考に触れていただければと思う。

-宣伝ここまで-

「無双」という言葉がある。

広辞苑で意味を調べると「ならぶもののないこと」「二つとないこと」。

2/27の「大和証券Mリーグ」第1回戦。

この試合でまさしく「無双」と言える大活躍をしたのが、セガサミーフェニックス魚谷侑未だった。

今回はMリーグスタジオにいたということで、実際に聞いた選手の言葉を交えながら、この1戦を振り返っていきたい。

第1回戦

東家:石橋伸洋U-NEXT Pirates

南家:魚谷侑未セガサミーフェニックス

西家:松本吉弘渋谷ABEMAS

北家:前原雄大麻雀格闘倶楽部

最近ではゲームのタイトルなどでおなじみの言葉となっている「無双」だが、麻雀ファンにとって無双と言えば、やはり「国士無双」が思い浮かぶだろう。

東1局

魚谷の配牌は、実況の日吉辰哉の言葉を借りれば「悪すぎていい」。

19字牌が10種、さらに他家に2枚持たれていたもあっさりと引き、一気に国士無双が現実味を帯びる。

そして、わずか7巡目で待ちテンパイ。

その後、松本が待ちのリーチをかけるが、それに対して魚谷が無筋のをスッとツモ切った。

これで松本は国士無双を確信。

「待ちがであってくれ」

と願っていたという。

疑惑を深めていた前原、石橋も以降は字牌を切らず対応に入る。

決着は・・・

魚谷のツモ!

会心のアガリに、セガサミーフェニックスの控え室からは、大きな歓声が沸き上がった。

思えばこの役満は、2/25のMリーグで黒沢咲TEAM雷電)が決めた四暗刻単騎に続く、2局連続での女性選手の役満となる。

「前回の役満よりは盛り上がってないかもしれないですけど、個人的には嬉しかったです」

と本人は謙遜していたが、さすがにオープニングヒットとしては強烈すぎる。

役満をアガってなお、魚谷の勢いは止まらない。

迎えた東2局の親番、

まずはこのカン待ちリーチでソーズの染め手に向かっていた松本から3900を出アガリ。

いくらなんでも、この捨て牌でこの待ちは相手にとって厳しい。

さらに次局、この待ちリーチを一発でツモって4000は4100オール。

そして、大きく手を育てる意識を見せたのが、東2局2本場

魚谷はこの形からトイツのを外す。

端牌のトイツを外してタンヤオピンフもつけよう、あわよくば三色も、という打点を意識した一打だ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!