果たせなかった約束・押せなかった牌【佐治敏哲の麻雀最強戦記】

果たせなかった約束・押せなかった牌【佐治敏哲の麻雀最強戦記】

今まで見る側だった画面の向こうの世界に立っていた――

はじめまして、日本プロ麻雀協会の佐治敏哲(さじとしあき)です。

6月27日に行われた麻雀最強戦代理戦争に参加させていただきました。

その反省をこの場で書きたいと思います。

2月の寒い朝のこと。目覚めると、一通のLINEが届いていた。

堀慎吾「最強戦に推薦したから、頑張ってね」

これ以上ない強烈な目覚ましだ。

気合十分、3月27日の予選はなんとか1位で通過した。
(予選の模様はこちらから。1半荘目出場)

次はいよいよ初のABEMA放送だ!

それから3か月。毎日浮かれないように気持ちを抑えるのに必死だった。

緊張と興奮から腕が固くなり、いつもの様に牌を扱えない。

仕方ないと言えばそれまでだが、これも反省案件だろう。

東4局。私が1番反省したいのはこの局だ。

放送はこちら

ドラもあり形のいい2シャンテン。

やる気しかない。

しかしここから4巡を浪費して、やっと持ってきたのが2枚切れのだった。

打点の下がり方が尋常じゃない。

一切予想していなかった登場人物に反応が遅れた。

ターツを選ぶ必要があるのも個人的によろしくない。

がどちらも生牌なのは気持ち悪い。

親の裏筋を先に処理しようとを切った。

その矢先のことだ。

対面の大庭プロから切りのリーチ。

が早く、待ちのシャンポンや愚形がいかにもありそう。そして浮いている。嫌なタイミングだ。仕掛けて単騎で粘ることにした。問題のシーンは最後の1牌だ。

海底で持ってきたのはだった。何を切る?

先ほどの理由からも打てない。

でははどうだろう。リーチの現物だ。

しかし上家の櫛田プロにのチーが入り、かなりテンパイに見えた。

9巡目のは手出し。ドラ所有率高め。

河からもソウズかピンズの上が本線だ。

当たれば最低でも河底ドラ1の2000は2600点から。

情報を整理してみよう。

・2着まで通過のシステム

・非常に僅差な持ち点

・ピンズの上は絶対打てない

・親の岩瀬プロはノーテン濃厚

・放銃すると河底がつく

のワンチャンスの無筋

 

要点はこれぐらいだろうか。

3人テンパイは1000点の収入。放銃は2600点から。

オリると岩瀬プロと2人ノーテンの1500点払い。

悩んだ末に…

 

切ったのはだった。オリだ。

視聴者はもちろん、選ばれなかったも「オレじゃないの!?」とビックリしたに違いない。

 

もちろんテンパイ料は偉いし欲しい。

それでも怖くて切ることができなかった。

2着通過システムと河底であることが強く頭に残り、より消極的な思考に繋がった。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!