【渋川難波】麻雀番組で強くなれ【第8回】妥協点を探れ!

その8 妥協点を探れ!

麻雀しているとよく迷うのが、この手はどこまで夢をみて、どこで現実を見ればいいのだろう?という部分です。
麻雀は高打点ばかり狙っても、安手ばかり狙ってもダメで、バランスが非常に大事です。
この感覚はもう上手い人のバランスを見て、自分のものにしてしまうのが手っ取り早いでしょう。
さあそれでは早速こちらの例題を見てみましょう。「リーチ超人」と名高い村上選手、それぞれ、リーチするかどうかを考えてみましょう。

解答 

1枚目は切りテンパイ外し

2枚目はリーチ

解説
1枚目はリーチのみのカンテンパイ、2枚目はリーチのみの一枚切れののシャンポン。はっきり言ってどちらも大した手ではありません。
素直に考えれば、「親で、先制リーチ偉いから!」と言ってどちらもリーチするか、「親とはいえ不満だから、手替り待つ!」と言ってどちらもリーチしないか、の二択になるのではないでしょうか?
しかし村上選手の選択は、1枚目はテンパイ外し、2枚目はリーチというものでした。
さて、この二つにはどんな違いがあるでしょうか?
は普通に悪いだけの待ちだけど、シャンポンはがかなり良さそうに見える(が自分から3枚見え、しかも2人を切っていて1人はで鳴いていて全員を持ってなさそう)

②1枚目は仕掛けがないのでまだのんびりする時間がありそう、2枚目は仕掛けが一つ入っているのであまりのんびりしていられなくなった。

③二枚とも狙いはジュンチャンだけど、二枚目の方はジュンチャンから少し遠ざかった

主に考えることはこの三つでしょう。
①②③どの理由でリーチに踏み切ったかのですか?と聞かれると、断言することはできません。
強いて言うなら、①~③の理由の複合です。
こういう時は言葉でまとめるのが一番です。
1枚目の打牌の理由
「待ちが悪すぎるし、まだ時間も充分有りそう。MAXジュンチャン三色もあるし、ここは2枚切れのカンを外してもいいだろうが重なるとかなり嬉しいので、ここはから」
2枚目の打牌の理由
「仕掛けが入って、そろそろ足を止めたい。手変わりには時間がかかるし、現状の待ちもそこまで悪くないし、ここでリーチ!」

つまり1枚目では夢をみていたけれど、2枚目で妥協した、と言うことです。
もちろんこれが絶対正しいわけではないしょう。
しかしこのように言語化して考え続けると、自分の中の基準がどんどん定まって、いつかは自分なりの正解に出会えると思います!日々精進ですね!
それではまた!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!