近藤誠一、今季初勝利! 一度もトップを譲らぬ横綱麻雀!!

近藤誠一、

今季初勝利!

一度もトップを譲らぬ

横綱麻雀!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕8日目、第1戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。開局の親で6000オールを決めた近藤が、終始リード。巧みな局回しを見せて危なげなく今季初勝利を獲得。チームもプラス域に浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠赤坂ドリブンズ園田賢、そして近藤の4名。

開局から場は大きく動く。東1局2本場、親の近藤が赤1の手をドラの単騎待ちでリーチ。沢崎の追いかけにあうも、ツモアガリ。ウラドラを1枚乗せての6000オール! まずは近藤が大きくリードする。

同3本場は、沢崎のリーチに真っ向勝負した園田が突き刺さる。リーチ・ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1の8000点。

近藤が5万点超えのダントツトップで南入。しかし怖い近藤の親は、二階堂のリーチ・赤1のツモアガリで蹴られてしまう。

南2局は二階堂が連続ツモアガリをみせる。リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・ウラ1の8000点。これで沢崎に親被らせて、トップを狙える2着に位置取る。

南3局1本場は、近藤が自風のを仕掛けて待ちテンパイ。そこへ二階堂がリーチでトップを伺う。ピンフ・ドラ1の待ち。

結果はツモアガリ …近藤の。400・700のアガリで園田の親を容赦なく落とす。

オーラスも近藤はをポンして自力決着を図る。沢崎から1000点を討ち取って、近藤がトップで試合を終えた。

近藤はインタビューで、

「(初トップで)けっこう気が楽になりますよね。ホッとしました。出足がいいとチームの雰囲気も良くなるでしょうしね。今日の対戦チームはウチ以外みんなプラスなので、できれば仲間に入りたいと思っていたのでプラスになれて良かったです」

と語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 5万700点/+70.7
2着 二階堂亜樹・風林火山 3万4400点/+14.4
3着 沢崎誠サクラナイツ 1万5400点/▲24.6
4着 園田賢・ドリブンズ ▲500点/▲60.5

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +135.0(7/90)
2位 赤坂ドリブンズ +110.4(7/90)
3位 EX風林火山 +58.3(7/90)
4位 渋谷ABEMAS +32.1(8/90)
5位 セガサミーフェニックス +27.0(7/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲62.6(8/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲103.4(8/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲196.8(8/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvsドリブンズ」

10月16日の対戦は
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
実況:日吉辰哉
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!