たった1牌の安全牌を持つか否か⁉︎ 園田賢の運命を握った「北」【Mリーグ2020観戦記10/27】担当記者:危険な鬼太郎

これは私が個人的に思った事ではあるが、とてもドラのを打つに値する手ではないように見える。手牌がバラバラすぎて、アガリへの道筋も見えない。

恐らく園田はこの手牌はアガれないと見切った。その為、この手牌もさっきのホンイツよろしくブラフに使ったものだと思われる。普通、この巡目でドラを打たれれば、聴牌、ないしは好形イーシャンテンだと想像する。

「皆が俺の速度を誤解して、メンゼンを放棄してチーテンポンテンを取ってくれれば場が安くなる。」

という狙いだとは思うが…。この字牌のドラ打ちには明確なデメリットもある。

西家の日向がドラのをポン!

こうなるといきなり場は加速する。園田としてもこういう事になる事もまぁ織り込み済みだろう。こうなればベタ降りもするしかない。

日向が聴牌。

ドラ3の待ち聴牌だ。そしてすぐに堀も聴牌を入れる。

フリテンの聴牌なので切らないと思いきや、ここで堀は迷わずを切った。

恐らく堀の思考は、

「日向はと手出しで最終手出しが安全牌っぽいだ。がリャンメンで当たるとすれば…の形やの形を放棄してまでを残すのか?恐らくピンズのメンツはすでに完成しているはずだ」

として、を切ったはずだ。フリテンの聴牌だが、日向のドラ3の勝負手を蹴れたら大きいので勝負したのだと思う。

しかしこのが日向の当たり牌。ドラ3赤の8000点のアガリ。日向にとっても大きいが、園田にとっても若干は嬉しかったはずだ。ラス目の堀が1万点代になったので、ラスに落ちる可能性が大きく減った。

Mリーグはトップを取る事も大事だが、ラスを引かない事も凄く大事なゲームだ。

南1局 ドラ

親番の日向がをポン!

ドラ色のホンイツへまっしぐら。

これに園田が速度を合わせ始める。リャンメンチー!

は自分の目から3枚目。タンヤオ仕掛けでペンが残るのは多少厳しいが、鳴かなければアガリの可能性は皆無と言ってもいい。

幸いにも親番の日向がをポンしてドラ色のマンズをホンイツに向かっているので、マンズ以外の牌は他家から期待できるかもしれない。

園田はここから魔法のように手牌を変化させる。まずはを暗刻にして聴牌。

タンヤオ仕掛けなのででは役無しの待ちの聴牌。そしてを暗刻にして、

単騎の聴牌。するとすぐにを引いてきて待ちに手牌を変えると、これがすぐに日向からアガれて、

タンヤオドラ1の2000点のアガリ。当初は片アガリの聴牌だったとは思えないほどの変化量だ。

園田のトップが見えて来たな…。と思い始めていた矢先、園田が後悔していた一局が訪れた。

南2局 ドラ

和久津がをポン!

露骨な捨て牌で、他家を驚かす。トイトイホンイツの両天秤。

この仕掛けに園田は対応せざるを得ない。

何の制約も無ければの一手だが、下家の和久津がをポンしてあの捨て牌。露骨なホンイツ仕掛け。

「和久津が聴牌しているってことはまだないだろうが…。和久津にこのを鳴かせてマンガンでもツモられると混戦になる…」

ここは打でマンズは絞る。この考え自体は何にも間違っておらず、むしろ物凄く良い判断に思える。

問題は次だ。

園田がの対子落としで単騎の聴牌。

ここで園田は、

ツモの2000オールや、和久津に偶然が通って手牌変化の僥倖のアガリ系を目指すよりも、完全安全牌のを残してベタ降りをすればよかった…」

と言っていた。

その隙を咎めるように、堀が超打点のリーチを打つ!

高目メンタンピン三色赤の待ちのリーチだ!

そして園田も次順に手牌変化。

は絶好の待ちなのだが…。それよりもマズイのが、ラス目の堀のリーチは絶対に高いに決まっているのに、安全牌が何一つ残っていないのだ。

一番堀に対して通りそうな牌がなのが、なんて皮肉な事か。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!